カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 居宅介護 >
  4. 家族 >
  5. その他 >
  6. 高齢者の歩行の変化から考える「靴選び」

介護・認知症

高齢者の歩行の変化から考える「靴選び」

 

年を取ると、歩き方や足の形が変化して、今までの靴が合わなくなることがあります。高齢者の足に合った靴を選ぶため、高齢者の足に表れる変化を知りましょう。

 

 

歩行の変化

老化による筋力低下、軟骨の摩耗が起こり、歩行には次のような特徴が表れます。

・歩幅が小さくなる

・足の外側に体重が偏る

・足を高く上げられず、すり足で歩く

・方向転換をスムーズにできない

・常に膝を曲げたまま歩く

・体重がかかると、痛みを感じる

 

これらの変化により、高齢者は転倒しやすくなります。

負荷が偏り続けると、もともとあった関節痛が悪化する、かばうために別の関節も傷むといった悪循環にも陥ります。

痛みや転倒を怖がり、歩行そのものを避ける高齢者もいるでしょう。

 

 

高齢者の靴に求められること

歩行の変化をカバーし、安全に歩くための工夫がなされている靴が必要です。

・靴底の接地面積が広く、滑り止め加工が施されている

・靴底が柔らかく、足の動きに合わせて屈曲する

・幅が広く、足を締め付けない

・つま先が少し反り上がり、凹凸に引っかかりにくい構造

・軽く、足に負担がかからない

・くるぶしまで覆うデザインで、安定感がある(ハイカット、ショートブーツ型)

・高齢者は足先から冷えるので、適度な保温性が必要

・脱ぎ履きしやすいつくり

・足に装具を付けているなら、装具を付けたまま履けるもの

・踏んで転倒するので、靴ひもよりマジックテープやファスナーで開閉するもの

 

 

高齢者の歩行の変化を踏まえ、若いころとは違う視点で靴を選びましょう。

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2009/04/21-017426.php)

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

美味しく、楽しく~高齢者の食事

  食は生きるための基本です。食への意欲が衰えたことがきっかけで、衰弱に至...

高齢者のトイレ問題~家族ができる対策って?

  高齢者が失禁などトイレの失敗をするようになったら、周りの人はどうすれば...


高齢者のトイレをサポート! 腰掛便座の種類を知ってますか?

  腰掛便座は、高齢者の排泄の自立を助けます。 足腰が弱くなったり、トイ...

高齢者の便秘解消 朝食のススメ!

  高齢者の便秘解消には、食事内容の見直しが大切です。 1日3食の中でも...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る