カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. その他 >
  4. 陰部洗浄の方法と用具

介護・認知症

陰部洗浄の方法と用具

高齢者の陰部洗浄には、いくつかの方法があります。高齢者の身体機能や、排泄の状態によってどんな方法があるか、必要な用具についてまとめました。

 

トイレ・ポータブルトイレでの陰部洗浄

トイレやポータブルトイレでの排泄が可能な高齢者なら、排泄後にそのまま陰部洗浄をすると、後始末が簡単です。トイレのウォシュレット機能も併用すると良いでしょう。

 

濡れないよう、便座に座る前にしっかり着衣を下ろします。排泄が済んだら、軽く足を開いてもらい、シャワーボトルに入れたお湯を陰部にかけて汚れを洗い流します。

 

しっかり洗うなら、洗浄液や石鹸水を加えたお湯をかけます。前から陰部へ、少し腰を浮かしてもらい、後ろから肛門付近にもかけます。トイレットペーパーを手に巻き、軽く叩くように拭くと汚れが落ちます。

 

すすぎは綺麗なお湯をたっぷりかけ、念入りに行いましょう。最後にトイレットペーパーで水分を叩くように拭き取って、終了です。

 

ベッドでの陰部洗浄

ベッドを濡らさないよう防水シーツを敷き、腰の下に差し込み便器を入れるか、紙おむつの上で行います。可能なら、膝を立てて足を開いてもらうと、しっかり洗えます。臀部を洗う際には、側臥位に体位変換します。

 

洗浄方法は、トイレで行う場合と同様にシャワーボトルのお湯をかけていきます。

 

トイレへ移動できない高齢者はオムツ内で排泄しているケースが多く、汚れも取れにくくなっています。シワなどに入り込んだ汚れも丁寧に落としましょう。仕上げに蒸しタオルで下腹部から臀部にかけて拭くと、サッパリします。

 

シャワーボトル

陰部洗浄用のシャワーボトルを介護用品店で購入できますが、自作でも十分です。500mlのペットボトルを用意し、針で蓋に7~8箇所の穴を開ければ完成です。

 

水で衣服やベッドが濡れないよう配慮し、すすぎを念入りにするのが陰部洗浄のコツです。できる範囲で、高齢者自身に手伝ってもらいましょう。 

(Photo by://www.ashinari.com/) 

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

認知症の改善に効果あり?!認知症に効くとされているフェルラ酸

フェルラ酸は、近年発見された認知症の改善を期待されている物質です。フェルラ酸...

認知症の問題行動、徘徊~徘徊による事故を防ぐ徘徊センサーって何?

  認知症の進行とともに生じる問題行動のうち、介護する家族の負担が大きいの...


冬は高齢者の高血圧に注意!冬の高血圧対策

  高齢になるほど体の各部分が老朽化していきます。そのうち血管の老朽化は、血管...

介護不要の『アクティブシニア』に対する生活支援サービスとは?

      介護保険に関する改正はこの10年で大きく飛躍している   ...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る