カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. その他 >
  4. 履きやすい靴を履こう!機能と用途で選ぶ介護靴

介護・認知症

履きやすい靴を履こう!機能と用途で選ぶ介護靴

 

歩行の変化や障害、病気で今までの靴が履けない高齢者には、介護靴(介護シューズ)がお勧めです。履きやすく、歩行の安全をサポートする介護靴を種類ごとに挙げます。

 

 

介護靴(屋外用)

幅が広く、履き口に足が入れやすく工夫されています。「介護靴」として売られていなくても、高齢者向けに、このような仕様の靴を扱っている靴店も多くあります。

軽さや靴底のクッション、通気性にこだわり、高齢者の負担にならないものが揃っています。

 

 

介護靴(屋内用)

屋内でのつまずき、滑りが心配な高齢者なら、スリッパや靴下よりも屋内用の介護靴がお勧めです。

滑り止めが付いていて、さらに小さな段差につまずかないよう、つま先がやや上向きに反っているタイプなら安心です。

デイサービスやデイケアに通う際、施設から上履きの持参を求められることがあります。自分で脱ぎ履きがしやすいので、介護靴の屋内用が便利です。

屋内用のため、防水加工がされていないものがほとんどです。靴底も柔らかい素材でできているため、車椅子のまま外出する場合を除き、屋外用とは分けたほうが良いでしょう。

 

 

リハビリ靴

手や足に麻痺がある、関節疾患で思うように体を曲げ伸ばしできない高齢者でも脱ぎ履きしやすい作りと、ゆとりのあるデザインが特徴です。

甲の部分にファスナーが付いていて、大きく広げられるものが履きやすいでしょう。ファスナーも小さな金具ではなく、大きな輪に指を引っ掛けて開閉できるようになっています。ファスナーではなく、面テープで開閉するタイプもあります。高齢者の使いやすさ、履き心地で選んでください。

 

 

下肢装具対応介護靴

足に装具を付けたまま履ける、特別な配慮がなされた靴です。甲の幅が広く、高さもたっぷりあります。装具を外さなくても済み、歩行の衝撃から足と装具を守ります。

 

 

高齢者1人1人の身体状況、生活環境によって必要な介護靴が異なります。どの介護靴が最適か、実際に履いてみるのが一番です。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2008/06/10-004687.php)

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

老人性紫斑予防は皮膚の健康から!~しっかり摂りたい栄養素~

  高齢者の皮膚に起こる老人性紫斑は加齢で起こる症状のため、治療よりも予防...

女性だけじゃない!男性にも骨盤底筋エクササイズの効果があります!

  骨盤のエクササイズといえば女性が中心ですが、骨盤底筋を鍛えることは男性にも...


睡眠中のクーラーで高齢者の夏バテを予防しよう!高齢者が元気に夏を乗り切るために

高齢者が元気に夏を乗り切るためには、食事や水分補給などに気をつけなくてはなり...

春の食材で認知症予防【筍ご飯】

春なると山菜やたけのこなどの食材が食べたくなりますね。「食」で春を感じて、体のス...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る