カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. その他 >
  4. 高齢者の介護靴 ぴったりの介護靴を選ぶコツって?

介護・認知症

高齢者の介護靴 ぴったりの介護靴を選ぶコツって?

 

高齢者の介護靴は、サイズや用途に合っていないと歩行の際に痛みを感じたり、脱げて転倒の危険があります。介護靴を選ぶ際、注意したいポイントを挙げます。

 

 

必ず試し履きする

同じサイズでも、メーカーによって大きさが微妙に違うことがあります。

高齢者の足先に変形があるなら、ひとまわり大きなサイズが良いかもしれません。靴店・介護用品店まで出向けるなら、高齢者とともに何足か試してください。立つ、歩く動作もしてみましょう。

通販の介護靴でも、試し履きができるショップがあります。購入後数日以内なら返品を受け付けているショップもあるので、上手に利用してください。

 

 

試し履きは、ここをチェック!

正しく履かないと、購入後に不具合が生じます。

しっかり足を入れ、面ファスナーやベルトで固定し、足幅に合わせて調節できるかを確認します。

つま先には、5~10mmのゆとりを持たせましょう。

かかとの位置を合わせるのがポイントです。いつも履いている靴下を着用して、試し履きをします。

 

 

その他のポイント

むくみがひどく、朝晩で足のサイズが変わる高齢者には、面テープで締め具合を調節できる介護靴がお勧めです。

微調整が必要なら、中敷き(インソール)を入れても良いでしょう。中敷きを入れると、歩行時に足が靴の中で動かず、安定します。衝撃を吸収してくれるものもあります。

障害や装具により、左右で違うサイズの靴が必要なら、片足ずつ購入できる店が便利です

歩行に偏りがあり、片足だけ著しく靴が傷む場合にも助かります。

 

 

履いたときの感覚が大切です。高齢者の履き心地、そして自分で履くときの扱いやさを確認してください。最近の介護靴には、オシャレなデザインもたくさんあります。外出や歩行が楽しみになるかもしれません。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2009/09/27-028277.php)

 

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

強力な抗酸化作用あり!クルクミンは認知症予防に効果がある?!

認知症予防に効果があるとされているクルクミンは、腸内での吸収が悪いとされてお...

スマホ依存症が増えている?!スマホの普及で増加中の「デジタル認知症」の原因とは

  「デジタル認知症」という言葉があるのをご存知でしょうか。テレビや雑誌で...


手術で認知症や歩行障害を改善!特発性正常圧水頭症の手術とは?

手術によって認知症や歩行障害は改善できる! 特発性正常圧水頭症のシャント手...

認知症の改善に効果あり?!認知症に効くとされているフェルラ酸

フェルラ酸は、近年発見された認知症の改善を期待されている物質です。フェルラ酸...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る