カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

健康診断・健康管理

家庭血圧測定のススメ

 

家庭血圧という言葉をご存じですか?診療所や病院で測定してもらう血圧のほかに、最近注目されているのが家庭で血圧を測定する家庭血圧です。高血圧でない人でも、診察で測る血圧は緊張のため数値が高くなってしまうことがあります。

 

家庭でリラックスして血圧を測ることでより正確な数値を記録することができます。また、自動血圧計が進歩し、非常に正確に測れるようになったのも家庭血圧が重要視されている要因です。家庭で正しく血圧を測定し、記録することは健康管理の第一歩になります。

- 血圧の正常値 -
家庭血圧の場合、135/85mmHg以上を高血圧とし、125/80mmHg未満を正常血圧としています。

- 血圧の記録方法 -

 

日付

一日一回測るようにしましょう。朝晩一回ずつ測るとより正確に数値を記録できます。変化を見つけるためにも毎日記録することが重要です。

時刻
同じような時間に測るようにしましょう。朝の起床後1時間以内と夜の就寝前に測定をすることをおすすめします。

血圧
最大血圧、最小血圧、心拍数を記録しましょう。血圧値(上下)を折れ線グラフにすると、変化をわかりやすく見ることができます。

メモ
他に記録するとよいものが、測定時の室温や体調など血圧に影響する内容です。

- インターネットやパソコンを活用した血圧記録 -
最近ではインターネットで血圧管理ができるサービスがあります。毎日の血圧測定を継続するためにも工夫が大切です。ぜひ活用してみましょう。

診療での測定は2週間に1回程度ですが、家庭血圧は毎日測定できます。血圧の変化を正確に記録するうえで最大のメリットになるでしょう。

 

・血圧数値は日々変わるものなので、多少の変化に一喜一憂することなく、一定期間の推移を見守ることが重要です。

 

画像リンク元://pixabay.com/en/hook-check-mark-hand-leave-76785/

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

血圧記録に関する記事

血圧を測る時の疑問を解消!正確な血圧を測るには?

自宅で血圧を測る時、「あれ?これって、どうなんだろう?」そんな素朴な疑問を持っ...

血圧の測定値は低くても高くても偽りは禁物!記録の上で抑えてほしいポイントとは

血圧を自宅で測っている方、同じ時間に複数回測って数値が違って慌てた経験や、あま...


薬の効き目の目安になる!時間帯別の血圧をチェックして血圧管理を

降圧剤を服用している方は、血圧が下がっているのかどうか不安になることってありま...

家庭での血圧測定で血圧記録を!~血圧管理に重要なのは継続的な測定~

    家庭用の血圧計の普及に伴い、自分で血圧を測定されている方はきっと多い...

カラダノートひろば

血圧記録の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る