カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. ダイエット >
  4. 食事 >
  5. 時間帯 >
  6. 「BMAL1」を意識して、時間帯に適した食事内容

美容・ダイエット

「BMAL1」を意識して、時間帯に適した食事内容

時間帯に適した食事内容

「夜多く食べると太る」とか「寝る前は食べないほうが良い」などというダイエットの心得みたいなものは、きちんとした根拠があってこういわれています。

 

食事の時間帯によって太りやすかったり、太りにくかったりするのは、BMAL1というたんぱく質生成が大きく関係しています。

BMAL1は体内時計の調節のほか、脂肪を蓄積させるという役割を果たしています。

このBMAL1 が多く生成される時間帯は太りやすく、少なく生成されている時間帯は逆に太りにくい状態だといえます。

 

3時のおやつは食べていい

BMAL1の生成時間が少ないのは6時~15時で、そこから徐々に生成量が増えていき22時~2時の時間帯が最も生成量の増える時間です。

 

そのため朝食は6時過ぎに、12時にお昼を食べて、15時におやつを食べ夕食は遅くても20時までに採るのが、最もBMAL1に合わせた食事時間ではないでしょうか。

 

ダイエットするのに間食は厳禁といわれていますが、最もBMAKL1の生成量の少ない15時におやつを食べるのは、かえって良い事なのかも知れません。

最もBMAL1生成量の少ない15時におやつを食べても、脂肪が蓄積され難いだけでなく、夕飯を食べ過ぎないようにセーブする役割もはたしてくれるのです。

 

朝食→糖質を多く取り入れしっかり食べる(6時以降)

昼食→ボリューム・カロリー・脂肪分が多少多くても大丈夫(12時)

間食→空腹を少し満たす程度に食べる(15時)

夕食→野菜多めで腹八分目(遅くても22時まで)

 

食事を食べる時間帯と食事の質を考えることで、激しい運動や厳しいカロリーコントロールなしでもダイエットすることができるでしょう。

無理なく少しずつ体重を減らして行きたいのなら、このような方法もお勧めかもしれません。

(Photo by://www.pakutaso.com/

著者: ママゴリラさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

時間帯に関する記事

カロリーの消費が多い時間帯がポイント!昼の炭水化物ダイエット

痩せるためには、食べたカロリーを体の中に残さず消費してしまうことが第一条件です。...

痩せ時間に食事をして効率よくダイエット☆

  食事の量は多くないのに、どうして痩せないんだろう?と悩んでいる人はい...


ダイエット中でも「BMAL1」を味方に付ければ間食できる!

ダイエット中でも間食できる 「ダイエット中の間食は絶対にダメ」これがダイエット...

寝る前に食べると太りやすいのはどうして?

    寝る前に食べると太りやすいのはどうして?   ダイエット中、「夕...

カラダノートひろば

時間帯の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る