カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. ダイエット >
  4. 食事 >
  5. 時間帯 >
  6. ダイエット中でも「BMAL1」を味方に付ければ間食できる!

美容・ダイエット

ダイエット中でも「BMAL1」を味方に付ければ間食できる!

ダイエット中でも間食できる

「ダイエット中の間食は絶対にダメ」これがダイエットの常識です。

しかし食べる時間帯を上手に使えばダイエット中でも間食することができるのです。

 

BMAL1による食事の時間帯

食事時間を調節することはBMAL1という、脂肪を蓄積させる特殊なたんぱく質生成に関係しています。

このBMAL1は体内時計を調節する役割のほかに、たんぱく質生成時に脂肪を貯めやすくするという働きをしています。

 

しかしこのたんぱく質生成は時間帯によって生成量が違ってくるため、生成量の多い時間帯は脂肪を蓄積しやすく、生成量の少ない時間帯は脂肪を蓄積しにくいという状態になっています。

ですから、生成量の多い時間帯には食事をしないようにし、生成量の少ない時間帯に食事をするようにすれば、効果的なダイエットができるというわけです。

 

3時のおやつで無理なくダイエット

ダイエットで大変なのが食事制限です。

無理にカロリー摂取を抑えたり、甘いものや間食を一切取らないようにするため、ダイエット中はかなりのストレスになります。

そのためダイエット成功後に反動で食べてしまいリバウンドしてしまったり、間食の誘惑に負けダイエットを途中で投げ出してしまったりしてしまうのです。

 

無理なくストレスなくダイエットを行うには、厳しいカロリー制限をなくして間食もできるようにすることです。

3時のおやつとはこのBMAL1にとって、とても理にかなった習慣です。

それは、BMAK1が生成される量が最も少ない、つまり脂肪を蓄積しにくい時間が15時なのです。

 

ですから無理に間食をしないようにストレスをかけるのではなく、ダイエット中でも少しの間食で15時に食べるなら、大して問題ない範囲だということです。

 

ダイエットにストレスは大敵

ダイエットを成功させるにはストレスを貯めないことです。

これが無理なく綺麗に痩せられる成功の秘訣です。

過剰なカロリーコントロールや間食を我慢することでストレスを溜め込んでしまったのでは、ダイエットを失敗させてしまいます。

 

BMAL1の生成量の時間帯を考えた食事のとり方や、3時のおやつをうまく取り入れることでダイエットを成功させましょう。

(Photo by://www.pakutaso.com/

著者: ママゴリラさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

時間帯に関する記事

寝る前に食べると太りやすいのはどうして?

    寝る前に食べると太りやすいのはどうして?   ダイエット中、「夕...

カロリーの消費が多い時間帯がポイント!昼の炭水化物ダイエット

痩せるためには、食べたカロリーを体の中に残さず消費してしまうことが第一条件です。...


食事後にすぐカロリー消費したい!そんな体を作るためにできること

人間は、食事をした後“食事誘導性体熱産生(DIT)”という体熱が産生されます。 ...

痩せ時間に食事をして効率よくダイエット☆

  食事の量は多くないのに、どうして痩せないんだろう?と悩んでいる人はい...

カラダノートひろば

時間帯の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る