カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 卵巣・卵管 >
  5. 気付きにくい初期症状・・増加傾向にある卵巣の病気

女性のカラダの悩み

気付きにくい初期症状・・増加傾向にある卵巣の病気

 

卵巣は子宮の左右に靭帯によってくっついている、親指の頭ほどの大きさの臓器です。卵巣からは女性ホルモンが分泌されます。この女性ホルモンは生理を起こしたり、妊娠を成立させたり、女性的な体を形づくってくれるなどの働きをしています。さらに、卵巣からは胎児の素となる卵が作り出されます。卵巣は小さいながらも非常に女性にとって大切な臓器です。

 

 

卵巣の病気は気づきにくい

卵巣は女性にとって非常に大切な臓器であるにも関わらず、腫瘍ができやすく、その上病気にかかっても初期症状に気づきにくいのが特徴です。気づきにくいというよりも、初期にはほとんど自覚症状がないと言ってもいいくらいです。

 

子どもから高齢者まで

卵巣は通常、思春期を過ぎて女性ホルモンを分泌しはじめ、一定周期で卵子を生産し、排卵するというリズムで繰り返されています。この働きは非常に繊細で細かい働きです。こうした卵巣のデリケートな側面は子どもの内でも高齢者になっても変わりませんから、卵巣の病気は幅広い年代で発症します。

 

増加傾向

卵巣腫瘍、ならびに卵巣がんといった卵巣の病気は現代女性に増えてきています1940年には1000人強だった卵巣がんによる死亡者数は2005年には4500人ほどになっています。当然、医療技術自体は日々進歩していますから、その他の変化によってこの増加がもたらされていると考えるのが妥当です。これは食生活の欧米化から、肥満症や糖尿病などの生活習慣病が増えていることによって、引き起こされていると考えられています。

 

 

卵巣は女性が女性たるために働いてくれている臓器です。症状をあまり見せない卵巣ですが、日常の「ちょっとおかしいな」といった変化はあります。その変化に敏感に反応できるかどうかが卵巣の病気を進行させないために重要です。

  

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/01/23-356214.php?category=265])

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

卵巣・卵管に関する記事

閉経後のホルモン補充療法によって「卵巣がん発症」の可能性が…その真偽とは?

閉経するとホルモンのバランスが崩れるため、更年期障害の症状が見られるようになり...

良性・境界悪性・悪性の3つから見る卵巣嚢腫

  卵巣嚢腫は婦人科系臓器にできる腫瘍としては、子宮筋腫と並んで最も発生頻度の...


卵巣と卵管の炎症、子宮付属器炎の症状とは?

卵管や卵巣などの婦人科系の臓器は、病気にかかっていても初期症状がわかりにくいと...

良性でも卵巣切除の可能性がある!?女性なら知っておきたい、卵巣のう腫

  卵巣は言わずとも、これから子どもを産む女性にとって、非常に大切な器官です。そ...

カラダノートひろば

卵巣・卵管の関連カテゴリ

卵巣・卵管の記事ランキング

人気体験談ランキング

女性のカラダの悩みのひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る