カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 卵巣・卵管 >
  5. 細菌感染に注意!子宮付属器炎とは?

女性のカラダの悩み

細菌感染に注意!子宮付属器炎とは?

 

骨盤の中にある臓器の中で、最も炎症を起こしやすいのは卵管です。卵管炎は、すぐ近くにある卵巣や、卵管間膜、骨盤腹膜にまで影響を与えることが少なくありません。このように卵管と卵巣の両方の炎症をまとめて子宮付属器炎と呼びます。

 

 

原因となるもの

卵管が炎症を起こすのは、細菌感染などによるものです。原因となる細菌はブドウ糖、大腸菌、連鎖球菌、結核菌、淋菌、クラミジア、マイコプラズマなどがあります。

 

感染経路

卵管に細菌が至るには、膣や子宮の粘膜に沿って卵管に原因菌が上がっていく場合がほとんどです。まれに肺にある結核菌が、腹膜から血流にそって卵管まで下がってきて感染するケースや、虫垂炎や腎盂炎から卵管まで原因菌が下がってくるという場合があります。

 

症状

子宮付属器炎の症状は段階的に大きく以下の3つにわけられます。

 

急性期

原因となる菌の力が強く急性に発症する場合、下腹部の激痛や、38度以上の発熱悪寒悪心嘔吐など激しい症状に襲われます。また、おりものの増加性器出血などが見られることもあります。これらの症状によって病院を受診することが多いようですが、痛みが激しく強いため、内心による診察が困難なことも多くあります。

 

悪急性期

急性期から悪急性期になると、発熱は微熱程度におさまり、腹痛も軽減してきます。この時期に内診をしてもらうと、腹部を押したときに、付属器部分が腫れて張りがあることが分かります。また腹部を押されると痛みを感じます。

 

慢性期

発熱はおさまり、腹部の痛みなどはほとんどなくなりますが、局所的に軽い痛みを感じることもあります。

 

 

急性期の症状があればすぐに病院を受診すると思いますが、中にはいきなり急性期や悪急性期の段階をとばして慢性期の症状になるものもあります。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/04/03-016213.php?category=226])

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

卵巣・卵管に関する記事

腫瘍ができやすい?様々な卵巣の病気

  卵巣は直径2~3㎝程の大きさで、子宮の左右に一つずつあり、女性の体の中で卵...

腹部超音波を使う!卵巣嚢腫の検査とは?

  近年、若い女性の間でも増加傾向に見られる卵巣嚢腫(のうしょう)。あまり...


良性の腫瘍でも手術になる!?卵巣の分泌液が溜まって腫瘍に!どの女性にも起こりうる卵巣のう腫

子宮がん検診などを受けたことがある方は、内診の際に「卵巣」について言われたこと...

良性でも卵巣切除の可能性がある!?女性なら知っておきたい、卵巣のう腫

  卵巣は言わずとも、これから子どもを産む女性にとって、非常に大切な器官です。そ...

カラダノートひろば

卵巣・卵管の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る