カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 卵巣・卵管 >
  5. 卵巣と卵管の炎症、子宮付属器炎の症状とは?

女性のカラダの悩み

卵巣と卵管の炎症、子宮付属器炎の症状とは?

卵管や卵巣などの婦人科系の臓器は、病気にかかっていても初期症状がわかりにくいという特徴があります。しかし卵管炎や卵巣炎は、細菌などによって炎症を起こすと腹痛などの症状があらわれます。

 

卵管炎と卵巣炎は同時に起こることが多いので、これらをまとめて子宮付属炎と言います。

 

症状の経過

多くの炎症性の疾患と同じように、急性期からはじまり、悪急性期、慢性期へと移行していきます。激しい腹痛や発熱が突然見られる上、膿性のおりものなどが確認できるため、婦人科系の病気ということがわかりやすくもあります。

 

しかしクラミジアなどの細菌が原因菌となる場合は、急性期と悪性気を経ずに慢性期の症状になることも多くあり、自覚症状のないまま炎症が起こっているということもあります。

 

治療

治療は安静にすることと、薬物治療が主なものです。特に急性期の症状は激しいものになりやすく、無理に動いてはいけません。

 

急性期と悪急性期には炎症の拡大を防ぐ目的で抗生物質による治療が行われます。抗生剤の他にも鎮痛剤、解熱剤の投与で症状の安定をはかります。

 

しかし、急性期にいくつかの種類の抗生物質を投与しても症状が軽減せず、腫瘤の縮小が確認できない場合には、手術が必要になります。症状によりますが、手術によって病巣を摘出したり、排膿処置をしたりします。

 

クラミジアの場合は慢性症状になることが多いので、血清の測定値を参考にしながら、抗生物質を投与することになります。

 

子宮付属器炎によって引き起こされる症状

原因となる菌の強さにもよりますが、炎症が強いと卵管口がふさがり、卵管や膣に炎症から出た液体がたまってしまうことがあります。これによって留水症や留膿症、留血症といった症状が引き起こされます。

 

稀に卵管に膿がたまり、卵巣膿瘍ができることもあり、これらのような場合には治療がきわめて難しく、不妊の原因ともなります。

 

またクラミジアの場合、卵管そのものの閉塞より、卵管が周辺と癒着することが多く、これも不妊症の原因になると考えられています。

 

 

卵管炎から卵管が周囲の組織と癒着したり卵管口をふさぐことによって不妊症になることはよくあります。これを解消する手術はあるのですが、再癒着などのケースが多く、大変治りにくくなってしまいます。

(Photo by: [//www.ashinari.com/])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

卵巣・卵管に関する記事

閉経後のホルモン補充療法によって「卵巣がん発症」の可能性が…その真偽とは?

閉経するとホルモンのバランスが崩れるため、更年期障害の症状が見られるようになり...

卵巣がん予防のための「卵巣摘出」…それって本当に正しいこと?「考えるべき他の要因」

がんを発症すると、がんの部分を切除することが必要になってきます。臓器によっては...


腹部超音波って何?!卵巣がんを知る検査とは?

  女性特有の病気に、卵巣がんがあります。卵巣がんは初期症状を感じることが...

細菌感染に注意!子宮付属器炎とは?

  骨盤の中にある臓器の中で、最も炎症を起こしやすいのは卵管です。卵管炎は、す...

カラダノートひろば

卵巣・卵管の関連カテゴリ

卵巣・卵管の記事ランキング

人気体験談ランキング

女性のカラダの悩みのひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る