カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 陰部 >
  5. 膣カンジダ症 >
  6. 油断は禁物!女性の多くがかかるといわれる膣カンジダ症とは?

女性のカラダの悩み

油断は禁物!女性の多くがかかるといわれる膣カンジダ症とは?

全ての女性が発症する可能性があり、一生のうちに多くの女性が発病することがあるのが膣カンジダ症です。

 

膣カンジダ症とは

膣カンジダ症は、モリニアと言われる真菌(カビ)の一種であるカンジダ菌によって引き起こされる病気です。カンジダ菌は、健康な女性でも持っている常在菌で、普段は病原性の低い細菌です。

 

通常の状態の体では、膣内は常に酸性に保ち、他の細菌の侵入を阻止する自浄作用が働いています。しかし。疲れていたりストレスがたまるなどして免疫機能が弱っていると、常在菌としているカンジダ菌が増殖をしてしまいます。それによって膣炎または外陰膣炎を発症するものを膣カンジダ症と言います。

 

症状

カンジダ症に感染していても症状が出ないこともあります。通常は症状が見られる場合に治療を行います。症状が見られる場合は以下のようなものです。

・膣および外陰部のかゆみ

・膣および外陰部の灼熱感

・粘度のある、白い酒粕あるいはカッテージチーズ状のポロポロしたおりもの

・膣のヒリヒリ感

・膣がピリピリする感覚

・膣の熱感

・外陰部の発疹や発赤

・外陰部のはれ

・外陰部周辺に小嚢胞ができる

・排尿痛

・性交渉時痛

 

よく見られるのが膣や外陰部のかゆみ、そしてカッテージチーズ状のおりものです。他にもおりものが多い割にはにおいがないということもあります。これに加え、過去に膣カンジダ症にかかった人も再び膣カンジダ症に感染しやすいのでその点も膣カンジダ症を疑うポイントになります。

 

4人に3人の女性が一生のうちに一度は感染すると言われているのが膣カンジダ症です。さらには発病したことのある女性の約半数が一生のうちに二度以上再発すると言われています。

 

誰にでも発症する可能性がある病気ですので、「私は大丈夫」という気持ちは持たないことが重要です。 

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

膣カンジダ症に関する記事

膣カンジダ症での治療で使われるお薬ってどんなものがあるの?その効能とは

  おりもの異常が症状の1つとしてあげられる病気の中で最も有名な膣カンジダ...

妊婦でも発症する?!おりものに異常・痒みが…膣カンジダ症の発症原因は何?

おりものに異常が起きる病気の中では、最も知られている「膣カンジダ症」。おりもの...


間違えやすい!?膣カンジダと似た疾患との比較

 かゆくない、オリモノが少ないケースもある!?膣カンジダ症はかゆみやオリモノ...

SEXだけが原因ではない!免疫力の低下で感染「カンジダ膣炎」

      妊娠や風邪など免疫力の低下で発症する女性の病気「カンジダ膣炎」は性...

カラダノートひろば

膣カンジダ症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る