カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肛門 >
  4. >
  5. 排便時などティッシュや便に少量の血液が!

気になる病気・症状

排便時などティッシュや便に少量の血液が!

血便の症状があらわれたときは、慌てずによく便を観察しましょう。

量の少ない赤い鮮血便の場合は、痔からの出血であると考えられます。

 

■肛門管からの出血の特徴

排便のとき、ティッシュに血液が付着すると訴えて病院に行く人も少なくありません。自分は直腸がんになったのではないかと思い、怖くて病院にいくことができなかったという人もいます。

ですが、直腸がんの場合は、そのような出血はしません。

 

赤い鮮血が見られる場合、肛門管からの出血と考えて間違いありません。出血量により、便への付着度が異なります。出血量が多いと便にも血液が付着しますが、出血量が少ない場合はティッシュに付着する程度です。

 

また、便に付着する血液は、普通線状につきます。なぜなら、出血点は多数あるわけではなく、一箇所であることが多いからです。

 

■痔核や裂肛からの出血

痛みを伴う場合は、肛門が切れる裂肛(切れ痔)が多いのに対して、痛みを伴わない場合は痔核の表面からの出血が多いです。痔核は大きくなくても出血することが多いのです。

 

また、このような場合は排便のときに何度も出血することが多いので、二~三日間は連日、肛門出血が観察されます。

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

痔に関する記事

便秘にさえならなければ痔は大丈夫? 下剤の使用は医師と相談を

  便秘は痔に良くない。 それならどんどん下剤を使ってしまえばいい……実はそ...

デスクワークが痔を招く?

  もはや仕事とパソコンは切っても切れない現代社会。 しかし長時間のデスクワ...


痔は生活習慣病の一種

  痔は人の生活習慣などに大きく関わる病気です。 その人が一日にどれだけ立って...

日常生活の中で意外にお尻に負担が!?隠れ痔に悪い、日常生活の意外な行為とは?

自分でも気づかない内に、病気が進行していることはよくあります。その中で、痔が...

カラダノートひろば

痔の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る