カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. 症状・トラブル >
  5. 対処法 >
  6. 温め >
  7. 辛い生理痛・・・温めるべき場所はココ!

女性のカラダの悩み

辛い生理痛・・・温めるべき場所はココ!

 

生理痛のひどいときには、腹部や腰の周辺を温めると症状が軽くなると言われています。実際に腹巻を年中手放せないという人もいるのではないでしょうか。

 

温めて効果のある場所

生理痛というとまず子宮のある場所、つまり腹部の痛みを感じると思います。そのため腹巻などで腹部を温めるのですが、腹部よりももっと効果的な場所があります。

 

仙骨

まず効果的なのは仙骨という場所を温めることです。仙骨はおしりの割れ目の上にある骨です。指で触ると指が引っかかるように骨にあたります。ここを温めることで子宮をかこっている骨盤が温まり、子宮や卵巣あたりの血行が改善されるので、生理痛を緩和します。

 

温める方法としては、腹巻などをしてその上からカイロなどでじわじわと温めるとよいです。

 

内もも

痛み止めを使わなければ動けないというくらい生理痛がつらく、生理のときあるいはその他のときでも内ももがひんやりする、と言った場合は、内ももを温めるのがよいです。

 

漢方の世界では、内ももには内ももや卵巣に関するつぼがあります。そのため、子宮の冷えが内ももの冷えとして反映されるのです。

 

ツボは押しても効果がありますが、お灸などのように温めても効果がありますから、温める事でも十分効果があります。特にスカートのときは下から冷気が上がってくるので、下にはくものを工夫しましょう。

 

おへその下

ここにもホルモンバランスを整えるツボがあります。ツボを押す場合は正確な場所を見つけなければいけませんが、温める場合はこの周辺を広く温めればよいです。ここを温めるときは下着の上からカイロを貼りつけるなどしてください。 

 

温めることで婦人科系の病気の症状は幾分か解消されます。人によって効果の出方は違いますので、温め方などは自分に合った方法を探してみてください。

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

温めに関する記事

生理痛を悪化させる生活習慣!これで体を冷やしていませんか?

毎月生理が近づくと腰まわりが痛いですよね?生理痛は、人によって痛みの度合いやが...

昔ながらの知恵「こんにゃく湿布」で生理痛対策しよう!デトックス効果も

生理痛に悩むのは、現代の女性だけではありません。 生理痛をどう和らげるかと...


生理痛対策グッズを使いこなそう!(2) 温熱シート

    生理痛対策グッズを使いこなそう(2)温熱シート    下着の...

生理痛軽減のカギ!「温活」とは?

  生理前や生理中に起こるズキズキとした下腹部の奥の方の痛みや、子宮がぎゅーっ...

カラダノートひろば

温めの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る