カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. 症状・トラブル >
  5. 対処法 >
  6. 睡眠 >
  7. 生産性向上の秘訣は快眠!正しい睡眠時間はどのくらい?

女性のカラダの悩み

生産性向上の秘訣は快眠!正しい睡眠時間はどのくらい?

 

生理前や生理期間中は、普段の睡眠がくずれる人も多いと思います。これは生理期間中のホルモンバランスの変化などによって起こり、仕方のないことなのですが、それでも普段の睡眠のリズムを崩してしまうことは、生理症状にとってもあまりよくありません。

 

 

睡眠は生理痛軽減の前提

良い睡眠をとっていることは、生理痛を緩和する上で欠かせない条件です。ひと口に睡眠の質と言っても色々な睡眠の側面があります。睡眠の規則正しさや、日中の活動と睡眠とのメリハリ、睡眠時間などがありますが、睡眠時間というのも一つ大きな要素です。

 

正しい睡眠時間

レム睡眠とノンレム睡眠という言葉は聞いたことがあると思います。睡眠時に脳のリズムを見てみると、ノンレム睡眠とレム睡眠の波が1セット90であるということが分かっています。つまり901セットを一区切りとして私たちの体と脳は休憩をとっているわけです。

それが分かると理想的な睡眠時間が分かります。睡眠が何時間必要かは人によって個人差がありますが、1セット90分のサイクルを守っていれば基本的にはよい睡眠と言えます。2セット分の睡眠をとれば、脳の疲れを回復することができるとされています。では2セット、つまり3時間の睡眠だけでいいのかというとそういうわけでもなく、体の疲れを回復するにはやはり45セット分の睡眠が必要だとされています。

 

1セット×いくつぶんを守ればよい

質の良い睡眠をとるには、この1セットの区切りを何回繰り返すかを守ることが望ましいとされます。そのため、普段の睡眠時間は1セット×4だけれど、休みの日は1セット×6分寝ようという風にできるのです。これであれば普段の睡眠リズムを壊し切ってしまうことなく、元のリズムに戻りやすくなります。

 

 

もちろんこれらを守っていたからと言って、睡眠のとりすぎはやはりあまりよくありません。睡眠リズムを元に戻すのに、ここまでなら大丈夫という時間を見つけておくとよいでしょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/08/21-349275.php])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

睡眠に関する記事

生理中の睡眠の質を上げるには?

  生理になると、寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなったり、逆に異様に眠たくな...

ホルモンバランスを整えて生理痛を軽減しよう!(1)生活習慣編

生理に関わる女性ホルモンの分泌は、年齢や出産によって変わります。それ以外にも...


生理の睡眠不足は体を休ませるサイン?

  生理の時睡眠不足になる方は多いと思います。それは体に対してホルモンから...

生理痛を楽にする効果も!今日から寝具にこだわってみよう!何に気をつければ良い?

「人生の1/3は睡眠」と言われるように、人は多くの時間を睡眠に費やします。した...

カラダノートひろば

睡眠の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る