カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 病院 >
  5. 基礎知識 >
  6. 高血圧診療に必要な問診と検査ってどんなもの?

生活習慣病

高血圧診療に必要な問診と検査ってどんなもの?

    

血圧が高いから、医者にみてもらおう。そう思って内科を受診する場合、殆んどの内科医は血圧治療に関して専門的な知識を持っています。

 

しかし診てもらう側としては、その医師がどの程度血圧治療の専門的知識を持っているかなどわからず、様々な検査をされることで、ただ血圧が高いだけなのにどうしてこんなに色々と聞かれたり、検査をされるのか心配になる方がいるかもしれません。

 

そこで、血圧治療に最低限必要な問診内容と検査内容を知ることで、その心配が解消されるかもしれません。

高血圧で治療を要すると思われた場合は、次のような問診と検査が行われます。

 

◆ 問診項目◆
1. 発症状況と経過
① 疾患の持続時間と経過を確認し、臓器障害の程度を予測
2. 生活習慣・嗜好
① 食塩摂取量 
② 食生活の状態 
③ 適正体重の確認 
④ 日常における運動の程度 
⑤ 飲酒量 
⑥ 喫煙量
3. 既往歴
① 特定の降圧薬が禁忌となるような疾患の有無
② 脳血管障害既往の有無
③ メタボリックシンドロームの有無
4. 自覚症状
① 二次性高血圧を鑑別するために重要
5. 家族暦
① 家族暦(特に一等親)を有する人
② 脳血管障害の有無

 

◆ 身体所見・基礎検査◆
1. 視診・触診
① 心尖拍動の部位と範囲
② 抬起性心尖拍動の有無
2. 聴診
① 親雑音・過剰心音の有無
② 頚動脈雑音の有無
③ 眼瞼部での雑音の有無
3. 血圧測定
① 外来血圧測定
② 起立時血圧変動の有無
③ 家庭血圧測定
④ 24時間血圧測定
4. 基本的検査
① 採血(Cr, TC, TG, LDL-C, HDL-C, FBS, HbA1c, 高感度CRPなど)
② 尿検査
③ 胸部単純レントゲン写真
④ 心電図
5. オプション
① 心エコー
② 頚動脈エコー
③ 眼底検査
④ 頭部MRI
⑤ 動脈波速度検査 など

 

診察を受ける方の年齢や既往歴などによって、これら全ての検査が必要というわけではありませんが、より慎重に検査をすすめてもらうことで二次性高血圧との鑑別をきちんとし、高血圧の治療をしてくれるということです。

 

心配に思う前に、まずは高血圧が高くなっている理由を知り、きちんとした治療を受けましょう

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/02/28-376731.php )

 

著者: kyouさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

この設備があるところをチェック!高血圧症の病院選び

  健康診断で、高血圧の疑いがあり、再検査。 高血圧なんて、みんな年をと...

高血圧の患者さんをトータルサポート~生活習慣病管理科とは?

高血圧は日本人にとても多い疾患であり、中高年の多くがかかっているとみられてい...


高血圧の治療と「生活習慣病管理料」の算定についての豆知識

健康診断などで高血圧の疑いがあった場合、病院で詳しい検査や治療を受けることと...

白衣高血圧に血圧治療は必要ないと思っていませんか?

     病院などで血圧を測る際、白衣高血圧という言葉を耳にしたことはないでし...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る