カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 胆道・胆嚢・膵臓 >
  4. 胆道感染症 >
  5. 胆のう炎と胆管炎の合併賞、胆道感染症の治療法とはどんなもの?

気になる病気・症状

胆のう炎と胆管炎の合併賞、胆道感染症の治療法とはどんなもの?

 

 

胆道感染症を治療する上で注意しなければならないことは、胆道感染症が胆嚢炎と胆管炎を合併している疾患であると言うこと、そしてそうなった原因が胆道の閉塞による胆汁の停滞であると言うことを忘れないようにしなければならないと言うことです。

胆道感染症は胆嚢炎と胆管炎をそれぞれ治療する必要がありますし、胆嚢と胆管の炎症を治療しても、その原因である胆汁の停滞を解消しなければ、すぐに炎症が再発してしまいます。

炎症を治療しつつ、胆汁の流れを元に戻す治療も行わなければならないのです。

■胆道感染症の治療


胆道感染症の治療は、殆どの場合で合併している胆嚢炎と胆管炎の二つの治療を行うことになります。
体内の常在菌による細菌感染が原因なので、抗生物質を投与する薬物療法が共通の治療法となるのです。

1.胆嚢炎の治療
抗生物質の投与の他に、胆道が閉塞することで胆汁が溜まりすぎた胆嚢に針を刺し、過剰な胆汁を抜く治療などを行う場合もあります。
また、胆汁が溜まりすぎないように胆嚢自体を取り除く外科的手術も根治治療となる治療法です。

2.胆管炎の治療
胆管炎も抗生物質で患部の炎症を抑え、細菌感染を抑制する薬物治療を基本として行います。
胆道が炎症を起こし、胆汁の流れが途絶えると、胆汁がどんどん蓄積され細菌感染の温床ともなるのですから、胆管炎でも胆嚢の除去などの治療が有効です。

3.胆道閉塞の原因疾患の治療
胆道感染症の原因は胆道閉塞による胆汁の停滞です。
胆嚢を取り除く外科手術も胆汁の停滞を解消する対策ですが、そもそもの胆道の閉塞をどうにかするものではありません。
胆道閉塞の原因となる胆石の発生を抑制することや、胆道にできた腫瘍を取り除くなど、胆道閉塞を解消する治療を行わなければ、また胆道感染症を再発することになるでしょう。

胆道閉塞の原因疾患にはのような深刻なものもあります。
胆道感染症を根本から治療するには原因疾患をキチンと見極め、その疾患を完治させることが必須です。

(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/3860)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

胆道感染症に関する記事

「腹痛、発熱、黄胆」胆道感染症のシャルコー三徴候とはなに?

胆嚢炎と胆管炎を合わせた胆道感染症の症状は、腹痛と発熱そして黄疸という三つの主...

胆道で起こる細菌感染症、胆道感染症とは~胆のう炎+胆管炎~

  胆道感染症とはその名の通り胆道で起こる細菌感染症です。 胆道には胆嚢と...


胆道感染症が重症化した急性閉塞性化膿性胆管炎

    胆嚢と胆管に細菌感染を起こした胆道感染症がさらに悪化することによ...

恐怖!胆汁が停滞することによって起こる、胆道感染症とは?

  ■肝臓から流れる胆汁を通すための胆道という十二指腸への通り道があります。胆...

カラダノートひろば

胆道感染症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る