カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肝臓 >
  4. 肝血管腫 >
  5. どっちなの?!肝血管種と肝臓ガンの見わけ方

気になる病気・症状

どっちなの?!肝血管種と肝臓ガンの見わけ方

人間ドックなどで、肝臓に腫瘍が見つかったことはありますか?

それを発見すること自体は、むずかしくありません。

 

肝血管種と肝臓ガンは、外から検査で診断した段階では、ひとしく肝臓にできた腫瘍です。

でも、なりたちはちがいます。

 

重要なのは、腫瘍を発見してから、それが良性か悪性の腫瘍かを見きわめることなのです!

 

期間をおき、経過観察します。

腫瘍の成長速度から、肝血管種と肝臓ガンを見わけることができます。

 

肝血管腫の診断

腫瘍自体の発見は容易

肝血管種は無症状であるため、検査しなければ見つけにくいのですが、実際に検査をしてみれば、腫瘍自体は容易に見つけることができます。
超音波検査やCT、MRなど画像診断法で、腫瘍の存在自体はすぐに確定することができるのです。

 

問題となるのは、その腫瘍が良性か悪性か、肝血管種か肝臓ガンかの鑑別です。

 

肝臓ガンとの見分け方

1.成長速度

肝臓ガンと肝血管種の見分け方は腫瘍の成長速度にあります。

肝臓ガンと違い、肝血管種はほとんど成長することがない腫瘍です。

 

まれに成長することがありますが、その場合は肝臓ガンと同じく、外科的に切除すれば問題ありません。

 

2.無症状

肝血管種は基本無症状です。
すなわち、肝臓の腫瘍で症状があればそれは肝臓ガンであるか、もしくは極端に大きな肝血管種であり、外科切除手術が必要となるケースとして処理されます。

 

3.大きさ

肝血管種は全てとは言いませんが、小さな腫瘍である場合がほとんどで、大きく成長することはありません。
検査によって、腫瘍の大きさがある一定以上であれば、良性の腫瘍であっても切除手術を適用することになります。

 

肝血管種ではない肝臓癌の特徴まとめ

▼肝臓にできた腫瘍が急激に成長する

▼肝臓にできた腫瘍で無症状ではない

 

腫瘍を確認し、経過観察をすると、その腫瘍が急激に成長し、腫瘍が原因となるさまざまな症状が発症するのが肝臓ガンの特徴です。

 

一定期間の経過観察を行わなくても、肝臓の腫瘍によって症状があったり、大きさが一定以上だったりする場合は、悪性のガンでも良性の肝血管種でも切除するので、放置しない限り問題は無いといえるのです。

 

「気になる病気・症状」で人気の記事はこちら

●人間ドックで発見!肝血管にできた良性の腫瘍、肝血管腫とは?

 

(Photo by://www.photo-ac.com/

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

肝血管腫に関する記事

肝血管腫はどんな検診で見つかるの?超音波・CT・MRI…画像診断で見つかる肝血管腫

腫瘍というと、生きていく上で体の異変が生じてできてくるものというイメージがあり...

基本は無症状の肝血管腫…でも進行していくとどうなるの?

  体の中に異変があったからと言って、そのすべてが体に悪影響があるものではあり...


腫瘍があっても「治療しない」が多い肝血管腫 腫瘍が大きい場合は手術の可能性も…?

  「肝臓の中におできのようなものがあります」と言われてもいまいちピンとこない...

「原因不明」で起こる肝血管腫!原因は先天的なもの?!

  人の体の中にできる腫瘍は、体の組織がコブのようにもりあがってできます。この腫...

カラダノートひろば

肝血管腫の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る