カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肝臓 >
  4. 肝性脳症 >
  5. 肝性脳症が進行する五つの段階

気になる病気・症状

肝性脳症が進行する五つの段階

 

 

肝性脳症は、肝機能が失われたことにより血中の有害物質の濃度が増加することによって引き起される意識障害です。

肝機能が失われたと言っても、その後すぐに昏睡に至るほどの有害物質が血中に蓄積されることは無く、ある程度の期間と段階を経て、意識障害から昏睡状態にまで進行するのです。

肝性脳症の進行段階は五つに分けられ、可能ならば初期の段階で肝性脳症だと断定し、早期の治療を行うことが望ましいでしょう。

■肝性脳症の進行段階


●肝性脳症の五つの段階
肝性脳症は、肝機能が低下したことによる血中のアンモニアなどの有害物質の濃度が高まることで、脳へのダメージが発生、蓄積することで最後に意識障害や昏睡状態にまで進行する疾患です。
肝機能が失われたとしてもすぐに肝性脳症になるわけではなく、体内に蓄積していく有害物質の濃度、症状によって各段階に分けられます。

1.抑鬱状態
睡眠リズムが逆転し、物事への関心が薄れだらしない抑鬱状態になってしまいます。

2.見当識障害
計算や書字などに障害が見られ、腕を伸ばして不規則に震えを起こすなど異常行動も見られるようになります。

3.譫妄(せんもう)状態
ほとんど眠った状態となりますが、まだ外部刺激で目を覚ます状態です。
かなり不安定な状態となりパニックやかんしゃくをちょっとしたことで起こすようになります。

4.意識障害
完全に意識を消失し、痛みなどの刺激に反応するのみとなります。

5.昏睡
全ての刺激に対して反応することがなくなります。

肝臓の障害から脳の機能への影響は間接的なものであり、その人の食生活などによって進行速度は大きく変動します。


高タンパクな食事を行っている人など劇的な速度で段階が進行する危険性があるので、できれば肝機能に障害が見つかった段階で食事制限を行うことをお勧めします。食事制限を行うことにより、、症状の進行をゆっくりと遅らせることが十分可能です。


(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/579)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

肝性脳症に関する記事

血中のアンモニア濃度が肝性脳症の原因?

肝臓の機能が失われると、タンパク質を分解したことで発生した有害物質が、血液によ...

肝臓の病気を持つ人は、肝性脳症に気をつけよう!

    肝臓は多くの機能を担っている、非常に大切な臓器です。 この肝臓...


肝機能障害による肝性脳症

    肝臓の疾患により肝機能障害となってしまうと、肝臓の働きが著しく損...

肝性脳症の予防治療は食事制限

肝性脳症となるのは肝臓の機能が万全でなくなり、血中にアンモニアを初めとする有害...

カラダノートひろば

肝性脳症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る