カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

気になる病気・症状

排尿異常を起こす腎盂腎炎

 

腎盂腎炎という疾患の主な症状は様々な排尿異常です。
そもそも腎盂とは、腎臓から尿を受け取り、尿管へと導くじょうごのような器官で、腎盂が細菌に感染し、炎症を起こすことは、そこを通過する尿に様々な影響を与える事は当然と言えます。

腎盂の粘膜が炎症を起こし、化膿し、出血などすれば、そこを通過した尿が血液や膿などと混ざり合うことで血尿や膿尿として排出されることになります。

そして、腎盂腎炎の影響はそれだけにとどまりません。
腎盂という腎臓に近い位置の臓器で細菌が繁殖し、そこに尿を流し込むと言うことは、細菌が腎臓に感染を広げ、そこから血流に乗って全身に回ってしまう敗血症になりやすいのが腎盂腎炎です。

■細菌感染による腎盂腎炎


●腎盂
腎臓の尿管に尿を注ぐじょうごの役割を持ったじょうご状の拡張部で、この腎盂が細菌に感染し炎症を起こすと、その影響は排尿に直接現れます。

●腎盂腎炎の排尿への影響
1.血尿
2.混濁尿
3.膿尿
4.細菌尿

腎盂が細菌によって炎症を起こし、腎盂を経由して尿管に注がれた尿が発生した出血や膿、細菌などと共に排尿されます。

●敗血症
腎盂腎炎は他のどの臓器の炎症よりも進行が早く、敗血症になりやすい疾患です。
また、播種性血管内凝固症候群や急性呼吸窮迫症候群にもなりやすくなります。

●発熱
細菌感染による腎盂の炎症によって発熱するのが腎盂腎炎の特徴です。
腎盂腎炎は上部尿路疾患と分類され、逆に発熱を伴わない場合は腎盂腎炎ではなく下部尿路疾患の膀胱炎などの疑いが強くなります。

排尿の異常は、膀胱炎など腎盂腎炎以外でも割とよく見られる症状ではあります。
他疾患と腎盂腎炎を見分ける一つの目安として、排尿異常が出た際の発熱を覚えておくと良いです。


腎盂腎炎のような上部尿路疾患は、排尿異常の症状と共に発熱が生じやすく、それが下部尿路疾患と見分けるポイントにもなります。

(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/5543)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

腎盂腎炎に関する記事

女性の患者が多い腎盂腎炎とは?

    腎臓の病気は、ときに辛い症状を呈し、生活に支障をきたします。 ...

腎盂腎炎の症状と合併症

    腎盂腎炎は腎臓で作られた尿を尿管へと導く中継の役割を果たす臓器で...


女性に多い腎盂腎炎!予防法はトイレと水分補給にあり?!

みなさんは、腎孟腎炎(じんうじんえん)という病気をご存知ですか? 腎孟腎炎とは...

要注意!ネフローゼ症候群に繋がるその他の疾患

  腎臓の糸球体基底膜というタンパク質を弾く機能を損なわせてネフローゼ症候群と...

カラダノートひろば

腎盂腎炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る