カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

気になる病気・症状

腎盂腎炎の症状と合併症

 

 

腎盂腎炎は腎臓で作られた尿を尿管へと導く中継の役割を果たす臓器です。
その役割から、細菌に感染すれば、細菌の繁殖速度はすさまじく、排尿異常などの症状はすぐに現れ、さらには細菌が腎臓にまで及ぶとあっという間に細菌感染が全身に広がります。

腎盂腎炎は細菌感染が広がることで危険な合併症を引き起してしまうリスクがあるのです。
腎盂腎炎の合併症で恐ろしいのはあの敗血症でしょう。

■腎盂腎炎の症状


●主な症状
1.発熱
腎盂腎炎を含む上部尿路疾患は細菌による炎症で発熱を伴います。
2.腰背部痛、肋骨脊椎角叩打痛
腰背部に痛みが発生し、肋骨脊椎角を叩くと響くような痛みを感じるようになります。
3.白血球尿
腎盂が細菌感染することで、白血球が細菌を殺すために炎症部位に集まりとなります。この膿が尿と混じり合い、尿管から排尿されるのが白血球尿です。
4.細菌尿
腎盂に感染した細菌が尿によって流されて排出される場合もあります。


●合併症
腎盂腎炎は、炎症が進行すると血流によって全身にその影響が回りやすく様々な合併症を誘発します。

1.敗血症
細菌感染よる炎症が血流により全身に回り、全身が炎症を起こす全身性炎症反応症候群です。
腎盂腎炎は、尿を尿管に流し込む器官であることから特に細菌が繁殖しやすい環境が整っており、容易にこの敗血症が誘発されます。

2.播種性血管内凝固症候群
血液の凝固作用が乱れ、血小板が減少し出血症状が発症する合併症です。

3.急性呼吸窮迫症候群
敗血症によって引き起される呼吸不全です。
腎盂腎炎から敗血症になりやすいことから、さらに急性呼吸窮迫症候群のリスクも上昇します。

細菌感染が全身に回ることで発症する敗血症は、腎盂という腎臓に近い臓器が細菌に感染する腎盂腎炎の場合リスクがとても高くなります。
排尿異常で腎盂腎炎の可能性が発覚した場合はすぐに検査を受け、早期の治療を行うことが必要です。

(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/2749)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

腎盂腎炎に関する記事

悪寒や戦慄は腎盂腎炎の危険信号

    腎盂という器官が細菌に感染すると、腎臓から流れ込む尿の排出に影響...

女性の患者が多い腎盂腎炎とは?

    腎臓の病気は、ときに辛い症状を呈し、生活に支障をきたします。 ...


腎臓が細菌感染?腎盂腎炎を引き起こす尿路系疾患とは?

    腎盂腎炎は腎盂という臓器に細菌が感染することによって発症する尿路...

排尿異常を起こす腎盂腎炎

  腎盂腎炎という疾患の主な症状は様々な排尿異常です。 そもそも腎盂とは、...

カラダノートひろば

腎盂腎炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る