カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 腎臓・膀胱・尿管 >
  4. 切迫性尿失禁 >
  5. 女性に多い尿失禁~切迫性尿失禁と腹圧性尿失禁

気になる病気・症状

女性に多い尿失禁~切迫性尿失禁と腹圧性尿失禁

 

記事を書く際に必要な情報は以下の5つです。

尿漏れ、尿失禁は男性よりも女性に多いとされています。
それは、男女の身体の構造の違いによって、女性は尿道が短いということもありますが、同時に二つの尿失禁が大きく関わっているのです。

女性は老化に加えて妊娠出産、肥満などにより切迫性尿失禁腹圧性尿失禁になってしまうリスクが高く、この二つの尿失禁を合併し、さらに尿漏れが起きやすくなってしまうのです。

■切迫性尿失禁と腹圧性尿失禁


●女性の尿漏れの二大原因
切迫性尿失禁と腹圧性尿失禁は女性の尿漏れの主な二つの原因となっています。
女性は尿道が短いこともあり、尿失禁の症状が現れやすいこともありますが、肥満や老化、出産などによって二つの尿失禁を合併することも多いのです。

●原因のはっきりしない切迫性尿失禁
女性の場合、原因がはっきりしないものの切迫性尿失禁の傾向が現れている場合があります。
脳が尿意を感じられず、膀胱に尿が溜まり、いつの間にか我慢の限界まで達しているのです。
そこに腹圧がかかることで、腹圧性尿失禁として、尿漏れを起こしてしまうことになります。

●切迫性尿失禁は抗コリン薬で
切迫性尿失禁の場合は抗コリン薬を投与することで、無意識の膀胱の収縮を抑え、不意の失禁を減らすことが可能です。

●腹圧性失禁には骨盤底筋体操
腹圧性失禁には、腹圧がかかっても尿を漏らさないように骨盤底筋を体操で鍛えることで解決します。
より重症な場合は、尿道の抵抗を強くする手術を行うこともあります。

二つの尿失禁には抗コリン薬骨盤底筋体操などそれぞれに対処法があります。
そのどちらの対策も行うことで、女性の悩みである尿漏れをある程度防ぐ事が可能なのです。
疾患としての尿失禁が尿漏れであることを理解することが最初の第一歩でしょう。

(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/6983?title=%E5%A6%8A%E5%A9%A6%E3%81%95%E3%82%933)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

切迫性尿失禁に関する記事

どんな排尿障害に鍼灸治療は効果アリ?

     毎日のことなので異常が出ると大変困るのが排尿障害です。 排尿障害...

いつの間にか尿が漏れる・・尿失禁の様々な種類

  尿漏れ、尿失禁と聞くとまず思い浮かべるのが、尿意を無理に我慢して、最後に決...


排尿筋の機能異常による尿意切迫感・・・過活動膀胱とは

  切迫性尿失禁となる原因の一つに、最近新しいものが加わろうとしています。...

目に見えるからモチベーションアップ!医療機器で骨盤底筋のトレーニング

尿漏れは女性だけの問題ではなく、最近は男性の尿漏れもクローズアップされていま...

カラダノートひろば

切迫性尿失禁の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る