カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 腎臓・膀胱・尿管 >
  4. 間質性膀胱炎 >
  5. 原因不明の病気・間質性膀胱炎の判断はどのように行うの?

気になる病気・症状

原因不明の病気・間質性膀胱炎の判断はどのように行うの?

 

間質性膀胱炎は、症状だけ見れば通常の膀胱炎と全く同じ症状です。
頻尿や、排尿時の痛みなど端から見れば誰もが膀胱炎だと判断するでしょう。
ですが、間質性膀胱炎は原因となる細菌が見つかりません。原因が細菌感染ではないのですから当然ですが。

そして、原因が不明であるため間質性膀胱炎だと判断するにはいくつかの根拠を捜す必要があります。
その一つの根拠が他の細菌性の膀胱炎に罹患していないと言うことです。
一つ一つ他の疾患との違いを見付けて、最後には間質性膀胱炎と判断することができるようになります。

■その他の膀胱炎と間質性膀胱炎の違い


●通常の膀胱炎との違い
間質性膀胱炎は通常の膀胱炎のように細菌に感染しておらず原因不明の炎症が上皮と筋肉の間の間質で頻発する原因不明の疾患です。

●過活動膀胱との違い
▼排尿を我慢したとき
1.尿意が激しくなる場合は過活動膀胱の疑いがあります。
2.膀胱に痛みが発生し、不快感を伴うと間質性膀胱炎の可能性が高くなるのです。

●間質性膀胱炎を疑う要点
1.痛み・不快感
間質性膀胱炎の場合、排尿の際に膀胱に不快感や痛みが発生する症状がでます。

2.膀胱に異常
膀胱鏡で確認できる膀胱内の異常があります。

3.間質性膀胱炎以外の病気がない
間質性膀胱炎以外の膀胱の疾患がなく、症状の原因が見つからない場合は間質性膀胱炎を疑います。

消去法的な判断となりますが、原因が分からない間質性膀胱炎を特定するにはこのような方法しかありません。
間質性膀胱炎だと疑い、その治療を開始することで、実際に間質性膀胱炎であるかどうか自ずとはっきりすることになるでしょう。

間質性膀胱炎の治療法は治療と検査が一緒に行える治療法「膀胱水圧拡張術」であり、たとえ間質性膀胱炎でなくても治療の段階ですぐに間違いに気づくことが出来ます。

(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/1700)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

間質性膀胱炎に関する記事

膀胱訓練で間質性膀胱炎の再発を防ぐ!

  膀胱の間質という部分に原因不明の炎症が起こる間質性膀胱炎は、膀胱の伸縮性を...

間質性膀胱炎の有効な治療法!膀胱水圧拡張術とは

  原因不明の間質性膀胱炎は、診断することが難しく、多くの罹患者が長期間放...


原因不明の膀胱炎!?間質性膀胱炎とは

  膀胱の上皮と筋肉の間に存在する間質が炎症を起こす疾患を間質性膀胱炎と呼...

カラダノートひろば

間質性膀胱炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る