カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

女性のカラダの悩み

布ナプキンを使う理由とは?

 

ナプキンと言えば生理期間中には欠かすことのできないアイテムです。多くの女性が使用するのは紙ナプキンだと思いますが、この紙ナプキンが体にどのような影響を与える可能性があるか知っているでしょうか。また、なぜ使いやすい紙ナプキンではなく、わざわざ布ナプキンを使用している女性がいるのでしょうか。

 

 

紙ナプキンは何で出来ている?

紙ナプキンがどういった材料で構成されているか知っているでしょうか。まず、経血を吸収する部分には高分子ポリマーが使用され、塩素漂白された不織布なども使用されています。これらの材料は石油系の化学物質がたくさん使われているものです。そしてこの化学物質はダイオキシンに代表されるように発がんの可能性を含んでいるものです。こうした化学物質は子宮内膜症や流産、死産の原因になり得ることが指摘されています。紙ナプキンを使い続けることによって、化学物質が女性の体内に蓄積され、子宮がんなどの病気を引き起こす可能性があり、生理痛のつらさを加速させる要因にもなり得るというのです。

 

紙ナプキンが陰部を冷やす

紙ナプキンに使用されている素材に高分子ポリマーがあると書きました。これは経血をたくさん吸収するのに必要なもので、これがあることで布ナプキンにはできない吸引性を実現できています。この高分子ポリマーは熱が出たときにおでこなどに貼って熱を冷ますシートと同じ素材です。もちろん紙ナプキンのそれは積極的にはりついている場所を冷やすものではないですが、経血を吸収するとポリマーの部分が非常に冷たくなるのです。

 

だから布ナプキンを使う人がいる

利便性と体への負担のどちらをとるかと言われたらその答えは様々だと思います。ただ、生理痛が重たい人は可能な時だけ布ナプキンを使ってみる方法もあると思います。実際布ナプキンを使ってみて数か月経つと生理痛が改善していたという人や、布ナプキンを使ってみて初めて紙ナプキンが冷たいと感じた人もいるでしょう。

 

 

生理痛の辛い人は布ナプキンを試してみてはどうでしょうか。すぐに効果を実感できるものではないですが、布ナプキンが体に合っていれば数か月で効果を感じられるかもしれません。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/05/10-019679.php?category=265])

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

我慢は必要ない!病院へ行くという生理痛対処法

  生理痛がひどくて動けないという人は、一度は病院に行ってしっかりと診てもらう...

気になる!?生理痛改善の裏ワザ

まいどまいどのツライ生理痛。痛みに耐えられず、ついついお薬に頼ってしまうけど...


生理のとき胃が痛む・・・生理痛による胃の痛みの原因と痛みを軽減する方法

生理の時、胃が痛むという人がいます。これも生理痛の一種です。原因と対処法をご...

生理痛に関わる物質プロスタグランジンと生理痛対策(2)生活習慣編

多量に分泌されると生理痛が重くなるプロスタグランジンを、薬に頼らないでコント...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る