カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. 症状・トラブル >
  5. 月経困難症 >
  6. 問診、内診、超音波・・・器質性月経困難症の診断はどのように行われる?

女性のカラダの悩み

問診、内診、超音波・・・器質性月経困難症の診断はどのように行われる?

 

月経困難症とは通常の生理痛とは区別して、日常生活に支障が出るほどの重い症状の生理痛のことを指します。普通生理痛の辛さは人それぞれで、痛さの感覚は人と比べようがありませんから、自分で必要と判断したら我慢せずに病院に行くことが大切です。しかし月経困難症は生理痛の程度が寝込んでしまうほどであったり恐怖感を覚えるほどであったり薬を飲んでも効きかないほどである場合は婦人科の受診が必須です。

 

 

器質性月経困難症の診断

器質性月経困難症とは、子宮自体が何らかの病気をかかえており、それが原因で生理痛が起こっているものを言います。原因となる病気で多いのは子宮筋腫や子宮内膜症で、子宮内膜症は若い人にも比較的多く見られます。

 

問診:器質性月経困難症でなくても問診は行われますが、患者さんの状態や生理の時の症状を確認するのに重要なのが問診です。生理は周期的なものですし、一回の問診で全ての症状を医師が見れるわけではありません。そのため、予め生理の周期や、生理の時の症状を細かく挙げておくとよいでしょう。

 

内診:内診は下着をつけない状態になり、専用の診察台に乗って行います。子宮や卵巣の状態を調べるのが目的で、子宮や卵巣の位置や大きさ、子宮の動き、癒着の有無などと判断します。通常性交経験がない女性には内診はしません。

 

超音波検査:内診の前後に行うことが多いですが、超音波によって子宮や卵巣の大きさなどを確認します。超音波を発する装置を膣内に挿入する経エコーと、お腹に当てて行う経腹エコーがあります。

 

MRI検査、CT検査:MRIは台の上に横になって、筒状の検査器の中に入っていく磁気による検査で、CT検査はX線を使った画像検査です。詳しくチョコレート嚢胞の有無や子宮内膜症の位置、癒着を確認できます。

 

血液検査:子宮内膜症によりCA125という値が高くなることがあります。全ての場合で当てはまるわけではないので、診断の補助的な情報として使われます。チョコレート嚢胞を合併していると数値が高くなる傾向があります。

 

 

器質性月経困難症の場合、原因となる病気を見つけることが目的となりますので、上記のような細かい検査が行われます。

  

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/07/19-348512.php])

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

月経困難症に関する記事

特に病気でもないのに生理痛が重いのはなぜ?

寝込むほどの強い下腹部の痛みや、腰痛、頭痛、吐き気など、仕事や学校に支障をきた...

死亡例が報告された低用量ピル『ヤーズ』の危険性について

  『ヤーズ配合錠』は血栓発症率を3~5倍引き上げる   2010年1...


月経困難症を和らげるセルフケアとは?

  寝込んでしまうほどの辛い生理痛に悩まされる「月経困難症」。ここでは、子...

月経困難症の吐き気は、薬では治らない!?有効な対処法は?

生理中に不快な症状が出るのは、多くの女性が経験することだと思います。   ...

カラダノートひろば

月経困難症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る