カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 居宅介護 >
  4. 家族 >
  5. 口腔ケア >
  6. 自分の歯を大切に!口内から健康を守る「8020運動」とはどんなもの?

介護・認知症

自分の歯を大切に!口内から健康を守る「8020運動」とはどんなもの?

 

「8020運動(はちまるにいまるうんどう)」を知っていますか?

これは、高齢者の歯と、健康を守るための活動です。8020運動から、高齢者の口腔ケアを考えましょう。

 

8020運動とは

「80歳で、残存歯(自分の歯)20本以上を目指そう」という目標を掲げ、1989年に愛知県から始まった運動です。

現在では、厚生労働省や歯科医師会も8020運動を後押ししています。

 

8020運動の意義

どんな食物でもしっかり咀嚼するためには、20本以上の歯が必要だという理由で、「8020」の名がついています。実際には、80歳で20本以上の残存歯がある高齢者は、全体の10%前後にとどまっています。

20本以上の残存歯がある高齢者は、同年代の残存歯が少ない高齢者よりも健康状態が良いという調査結果もあります

口腔ケアをはじめとする身体の清潔が保たれ、自分の歯でしっかり食事ができて栄養状態が良好であるといった、要因が関係していると言われます。

そのため8020運動は、高齢者の全身の健康にもつながります。

 

 

8020を達成するには

高齢者の歯が失われる原因は、歯周病と虫歯がほとんどです。

第一に、小まめな口腔ケアが欠かせません。

食後の歯磨き、定期的な歯科検診で、口腔内をいつも清潔に保ち、異常を早めに見つけましょう。

甘いものは歯に残りやすく、歯垢や虫歯の原因になります。適度な硬さの食物、カルシウムを摂取すると、歯を内側から強化できます。

 

 

既に歯が失われ、義歯を装着している人でも、自分に合った義歯を上手く利用できているなら、身体の健康に悪影響がないといわれます。

少ない残存歯の健康を守り、食事の工夫をして栄養状態を保つことも可能です。

8020を目標にしつつ、高齢者1人1人に合った口腔ケアを心がけてください。

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2009/02/15-013930.php)

 

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

口腔ケアに関する記事

味覚障害の原因とは!?高齢者の味覚障害と口腔トラブル

  味覚障害を引き起こす原因で、亜鉛不足と並んで多いのが、口腔の変化です。...

加齢に伴う口内環境の変化とは~歯・唾液・味覚について~

  加齢は、外見や運動能力などあらゆる面に変化を及ぼします。口の中も、例外...


高齢者の口腔乾燥(ドライマウス)対策!口腔乾燥の影響とは?

  加齢による口腔内の変化の中でも、高齢者に多いのが口腔乾燥(ドライマウス...

高齢者に歯周病が起こりやすい理由 原因は口内環境の変化?

  通常では28本ある歯も、60歳前後を境に減りはじめ、70台後半では残存...

カラダノートひろば

口腔ケアの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る