カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 居宅介護 >
  4. 家族 >
  5. 口腔ケア >
  6. スムーズにケアを!高齢者の口腔ケアにオススメの用具とは?

介護・認知症

スムーズにケアを!高齢者の口腔ケアにオススメの用具とは?

 

高齢者の口腔ケアでは、隅々まで汚れを取り、スムーズにケアを行うための用具が便利です。

高齢者の身体状況に応じて、どのような用具が必要になるでしょうか。

 

 

歯ブラシ

口腔ケアの基本アイテムです。もちろん、ドラッグストアやスーパーで購入できるごく普通の歯ブラシでも問題ありません。

しかし、歯肉が傷つきやすい、口の中が痛むといった高齢者には、毛先が柔らかいものが良いでしょう。

高齢者自身が磨くなら、持つ部分が太めの方が握りやすいでしょう。

介護者が歯磨きをするなら、ブラシ部分がコンパクトで、持ち手が細いものだと小回りが利いて磨きやすくなります。

 

 

コップ

軽く、持ちやすい取っ手が付いているものがお勧めです。麻痺などがあり、握る動作に不安があるなら、介護用の持ち手が工夫されたコップもあります。

コップから水を口に含むことが難しい高齢者には、吸い飲みで水を含ませます。

 

 

歯間ブラシ

高齢者は、歯茎が痩せて歯の根元に隙間ができ、そこから虫歯になったり歯周病の原因になったりします。磨きにくい歯の隙間は、歯ブラシでだけではキレイになりません。

紐状の歯間ブラシ、プラスティック製、ブラシ状など、歯の隙間に入り込めるものを選んでください。歯肉を傷つけないよう、素材や形状に配慮が必要です。

 

 

ガーグルベース

口をゆすいだ水を受けるための器です。顔の方に沿うような形状になっています。

洗面所で口腔ケアをできない、身を乗り出して上手く水を吐き出せない高齢者に便利です。

 

トゥースエッテ

竹串のように細い棒の先に、小さなスポンジが付いている用具です。歯ブラシを使えない高齢者に用います。

歯の裏側を磨き、口の中にある食べ物の残渣を掃除します。義歯の高齢者にお勧めです。

 

 

口腔ケアに必要な用具は、高齢者が自分で歯磨きをできるかによっても、異なります。歯科医に相談して、適した用具を教えてもらうのが良いでしょう。

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/02/19-376448.php)

 

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

口腔ケアに関する記事

加齢に伴う口内環境の変化とは~歯・唾液・味覚について~

  加齢は、外見や運動能力などあらゆる面に変化を及ぼします。口の中も、例外...

高齢者に歯周病が起こりやすい理由 原因は口内環境の変化?

  通常では28本ある歯も、60歳前後を境に減りはじめ、70台後半では残存...


高齢者の口腔ケア介助法~義歯のお手入れ

  高齢者の口腔ケアでは、義歯(入れ歯)の手入れも重要です。義歯の扱い方と...

高齢者の口腔ケア介助法~座位がとれる場合

高齢者の口の中を清潔に保つため、食後の口腔ケアは欠かせません。高齢者の身体状況...

カラダノートひろば

口腔ケアの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る