カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 居宅介護 >
  4. 家族 >
  5. 口腔ケア >
  6. 歯医者も世代別?高齢者歯科、その特徴~加齢に伴う口内環境の変化~

介護・認知症

歯医者も世代別?高齢者歯科、その特徴~加齢に伴う口内環境の変化~

 

高齢者の歯科治療では、他の持病や高齢者の体力、身体状況などを考慮しなくてはなりません。

通常の歯科医院で対応が難しい高齢者なら、「高齢者歯科」で受診する方法もあります。高齢者歯科の概要を紹介します。

 

 

高齢者歯科とは

原則65歳以上の高齢者を対象に、一般の歯科治療、口腔ケアやその指導、リハビリを行います。

加齢による口腔の変化を踏まえ、高齢者ならではの口腔トラブルを診療します。

歯科治療のために全身麻酔が必要な高齢者、入院にも対応できる体制が整っています。

 

 

主な診療分野

・虫歯治療

・充填・ブリッジ・義歯・冠などを用いた、欠損歯の治療

・口腔ケア及び指導(ブラッシング方法、口腔粘膜の清潔を保つ方法)

・インプラント治療

・口腔外科(抜歯、インプラントのための骨移植など外科的治療)

・口腔乾燥(ドライマウス)治療

 

 

高齢者歯科の受診が望ましい人

・「加齢で歯茎が痩せ、義歯が合わない」といった、高齢者特有の問題を抱えている

・他に持病があり、歯科治療によって体調が悪化する恐れがある

薬の副作用などでトラブルが起こりやすく、慎重な治療が必要

・認知症などで治療を拒否する、安全な治療が難しい(笑気ガスによる精神鎮静法などが用いられます)

 

 

高齢者歯科はどこで受診できるか

たとえば「小児歯科」のように、看板を掲げることは認められていません。

主に大学病院など、大規模病院内の標榜科、専門外来に高齢者歯科があります。

「高齢者歯科」のほか、「老年歯科」という場合もあります。

 

 

高齢者歯科はまだ新しい分野ですが、各地の大学病院で診療を行っています。治療が難しいと諦める前に、高齢者歯科を受診してはいかがでしょうか。

 

 

 

 

(Photo://www.ashinari.com/2011/08/29-349545.php)

 

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

口腔ケアに関する記事

加齢に伴う口内環境の変化とは~歯・唾液・味覚について~

  加齢は、外見や運動能力などあらゆる面に変化を及ぼします。口の中も、例外...

高齢者に歯周病が起こりやすい理由 原因は口内環境の変化?

  通常では28本ある歯も、60歳前後を境に減りはじめ、70台後半では残存...


高齢者の口腔ケア介助法~義歯のお手入れ

  高齢者の口腔ケアでは、義歯(入れ歯)の手入れも重要です。義歯の扱い方と...

高齢者の口腔ケア介助法~座位がとれる場合

高齢者の口の中を清潔に保つため、食後の口腔ケアは欠かせません。高齢者の身体状況...

カラダノートひろば

口腔ケアの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る