カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 基礎知識 >
  4. 生活全般 >
  5. 高齢者の衣服は素材から選ぼう!服選びのポイントとは?

介護・認知症

高齢者の衣服は素材から選ぼう!服選びのポイントとは?

 

生活の基本、「衣食住」に含まれている「衣」。衣服には体を守る、体温調節などの役割があります。高齢者の衣服を選ぶ際には、素材にも注目してください。どのようなポイントがあるか、説明します。

 

 

適度な伸縮性・滑りやすさ

加齢により、高齢者の関節は可動域が狭くなります。脳血管障害などによる麻痺によっても、思うように体が動かず、着脱に苦労するでしょう。

適度な伸縮性がある素材なら、衣服を引っ張り、健常側の体を使って着脱できます。

滑らかな肌触りの素材なら、するっと体を通しやすくなります。

 

 

低刺激

高齢者の皮膚は乾燥しやすく、外部からの刺激に弱い状態です。チクチクした肌触りの素材は、不快感や湿疹の原因になります。化繊を身に着けると、痒みを感じる高齢者もいます。元々皮膚が弱い、乾燥肌の場合は、体に直接触れる衣服を綿100%など天然素材のものにしてください。

 

 

保温性・通気性

衣服の大きな役割の1つが、体温調節です。体温調節は、衣服の素材がポイントになります。

体の冷えを感じやすい高齢者には、保温性が高い衣服が欠かせません。体と衣服の間に暖かい空気の層を作る、保温性の高い素材を選びましょう。

保温性が高くても通気性が悪く、熱が中にこもる素材の衣服は、汗が中にこもり、風邪をひきやすくなります。通気性が良く、適度な吸湿性も兼ね備えた衣服がお勧めです。

通気性の良い綿の下着の上から保温性の高いニットなどを重ね、小まめに下着を交換するといった、重ね着による工夫も大切です。

 

 

扱いやすさ

暖かくても、ずっしりと重い衣服は来ているだけで負担になります。軽くて薄く、何枚か重ねて体温調整ができるものが良いでしょう。外出時に持ち運びやすい衣服も便利です。

常に清潔な衣服をまとえるよう、洗濯など手入れのしやすさにも着目してください。

 

 

高齢者のデリケートな皮膚、体温調節の難しさを考えて、衣服を素材で選んでみましょう。

 

(Photo://www.ashinari.com/2009/11/14-030402.php)

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

生活全般に関する記事

ちょっとしたコツで効率よく清拭~上半身編

  清拭では、体の部位ごとにそれぞれ拭き方のコツがあります。手早く確実に汚...

あおむけで寝たきりは危ない!?背部褥瘡になりやすい寝方、効果的な予防法

「背部褥瘡(はいぶじょくそう)」という病名を、聞いたことがあるでしょうか? い...


高齢者の入浴は血圧に要注意!

  冬になると、入浴時に脳出血などを起こして救急搬送される高齢者が増えるそ...

介護者の立場から シャワーチェアの選び方のポイント3つ

  高齢者が浴室で使うシャワーチェア(入浴用椅子)は、介護者の負担も軽減し...

カラダノートひろば

生活全般の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る