カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 基礎知識 >
  4. 生活全般 >
  5. 加齢で変化する身体に合わせたデザインを 高齢者の衣服選びポイント

介護・認知症

加齢で変化する身体に合わせたデザインを 高齢者の衣服選びポイント

 

高齢者の衣服選びでは、加齢で変化する身体に合わせたデザインが大切です。快適かつ安全に過ごすため、どのようなデザインの衣服が良いのでしょうか。

 

 

着脱しやすいデザイン

できるだけ、自分で着脱できる形状の衣服を選びましょう。

かぶりの衣服は、首周りの開きが大きいと、頭部を通しやすくなります。

袖の部分もゆとりがある方が、腕を通しやすく、捻じれを直しやすいのでお勧めです。片麻痺がある高齢者なら、特に気を付けたいポイントです。

開閉部分は、ボタンよりも面ファスナーが扱いやすく、ファスナーは金具のつかみやすさをチェックしてください。

 

 

車椅子に適したデザイン

普段から車椅子を利用している高齢者なら、安全のために気を付けたい点があります。

車椅子に乗る際、衣服が車輪に巻き込まれないようにしなくてはなりません。そのためにチェックするのは、衣服の丈です。

上着の身ごろが長いと、車いすの座席の隙間から垂れ下がり、車輪に巻き込まれやすくなります。お尻の下に余った身ごろが丸まり、座り心地も悪くなります。

見逃しやすいのが、袖丈です。

長すぎる袖丈が車輪に絡まり、手指・手首の骨折につながる危険もあります。

特に、自走式の車椅子は事故が起こりやすいので、やや短めの袖丈が望ましいでしょう。

 

 

高齢者向けデザインの衣服を探すなら

腰が曲った高齢者のために身ごろの長さを調節している衣服、前後左右を間違えにくい衣服など、特別な配慮をしたデザインの服を専門に扱っている店が増えてきました。介護用品の専門店や、ネットショップで探してみましょう。

「ユニバーサルデザイン」「高齢者向け衣服」の名で販売しています。

 

 

機能面からみたデザインについて説明しましたが、衣服のデザインによって気分が明るくなる効果も見逃せません。高齢者の好きな色、華やかなデザインの衣服で、生活の質も向上します。

 

 

 

(Photo://www.ashinari.com/2009/04/12-016786.php)

 

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

生活全般に関する記事

食事中に窒息!そのとき取るべき救命措置とは?

  人が生きる上で摂食をしなければいけない限り、食品による窒息事故の可能性をゼロ...

ここに注意!高齢者の入浴で起こりやすい事故を知って注意しよう

  入浴は高齢者にとって大きな楽しみである一方、事故が起こりやすい場面です...


スムーズに清拭を行うための手順

全身の清拭は、拭く順番を決めて手際よく進めていきましょう。介護者と高齢者の負担...

消費税増で負担増の可能性?介護にまつわる費用あれこれ

  2014年4月の消費税増税は、介護の現場にも影響を及ぼしています。消費...

カラダノートひろば

生活全般の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る