カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 居宅介護 >
  4. 家族 >
  5. 注意点 >
  6. 気をつけよう!高齢者の着替えで注意したい事故とケガ!

介護・認知症

気をつけよう!高齢者の着替えで注意したい事故とケガ!

朝起きてパジャマから着替える、入浴後や汗をかいて清潔な衣服に替える、寒さや厚さを感じて服を着脱する…毎日、「着替える」という動作をします。

 

高齢者にとって体温調節や清潔の保持、生活リズムを作るためには欠かせない着替えも、時に事故やケガにつながります。

 

着替え時に気を付けたい事故・ケガの具体例を挙げます。

  

なぜ着替え中にケガをするのか

着替えには、肩や足の上げ下ろし、つまむ、引っ張る、体をひねるといったさまざまな動作が含まれます。これらの動作をスムーズに行えないと、転倒などの事故が起こります。

 

高齢者の関節は加齢によって可動域が狭くなり、関節疾患などがあれば拘縮もみられます。筋力が低下し、姿勢の保持も困難です。疾病の後遺症で麻痺があれば、思うように体を動かせないでしょう。

 

体の柔軟性が失われ、バランスをとりづらくなるため、着替え中の動作でケガをしやすくなります。骨密度が低下していれば、些細な事故でも骨折などの大ケガに至ります。

  

具体例と対策

ズボンや下着(パンツ)の履き替えでは、片足を上げてバランスを取ることができず、転倒の危険があります。椅子やベッドに座り、片足立ちにならないで済むような着替え方をしてください。

 

手すりがある場所で着替えるのも良いでしょう。靴下の着脱も、同様の注意が必要です。

 

上着に袖を通す、頭を通す際に肩をひねって脱臼したり、腕や腰に負担がかかってじん帯を痛めたり、骨折する高齢者もいます。襟ぐりが大きく開き、袖や身ごろにゆとりがあるデザインがお勧めです。

  

安全な場所で体勢を整えてから着替えることが大切です。衣服のデザインや素材にも気を配ってください。

(Photo://www.ashinari.com/)

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-10掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

注意点に関する記事

こんな人は要注意!日射病になりやすい人や状態は?

ここ数年、夏になると熱中症で緊急搬送されたなど、ニュースで毎日のように聞くほど...

頑張り過ぎないで!~介護する家族の「燃え尽き症候群」前兆編

  「燃え尽き症候群」という言葉を知っていますか? これは、あることに対...


こんな行動があったら配慮が必要~高齢者のトイレ問題

  高齢者が在宅で暮らし続けるため、1つのポイントになるのが排泄です。排せ...

介護保険適用できる?できない?適用条件事例を知ろう

  介護保険を利用した福祉用具の購入には、さまざまな条件があります。 条...

カラダノートひろば

注意点の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る