カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 喘息・気管支炎 >
  4. 基礎知識 >
  5. アレルギー性喘息と運動

アレルギー

アレルギー性喘息と運動

polar-1910_640.jpg

喘息の方はあまり運動をしない方が良いと言われています。
喘息と運動の関係について見ていきます。

●運動誘発喘息


喘息の中には、アレルゲンによって喘息が引き起こされるタイプのアレルギー性喘息の他にも、運動誘発喘息と呼ばれているものがあります。
運動をすることによって喘息発作が誘発されるのが、運動誘発喘息の特徴です。
運動誘発喘息とアレルギー性喘息の両方に罹患しているという方も多いです。

●なぜ運動をすると喘息発作が起きるの?


喘息の方の場合、気管支が敏感になっています。
例えば、アレルゲンが入ってきたら即座に対応して、喘息発作を起こしてしまいます。
そして、喘息患者の気管支は、運動によって起こる刺激にも敏感に反応します。
少し走っただけでも発作を起こしてしまうという方も少なくありません。
気管支の乾燥との関係も深いとされており、気管支が乾燥しやすい冬などには特に運動誘発喘息の発作が多く見られます。

●運動自体はよい


運動によって喘息発作が起きるのは問題ですが、運動自体はアレルギー性喘息を始めとしたアレルギー系の疾患を持っている方には良いと言われています。
免疫力を上げる効果があるだけでなく、精神的にも充足感を得ることが出来るからです。
喘息の方の場合は、湿度が高く気管支が乾燥しにくい環境での運動がよいでしょう。
水泳などは特におすすめです。


(Photo by //pixabay.com/static/uploads/photo/2010/12/13/09/56/polar-1910_640.jpg)

著者: りりぃさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

喘息を正しく理解しましょう

■喘息の症状とは?喘息は、咳や痰、息苦しさやゼーゼ―・ヒューヒュー(喘鳴)など、...

アレルギー性喘息とは

アレルギー性喘息という言葉は、一般的にも認知度が高い言葉です。アレルギー性喘息に...


アレルギー性喘息のアレルゲンとは

アレルギー性喘息の原因となるアレルゲンは、主に4つに分かれています。...

アレルギー性喘息の仕組み

アレルギー性喘息が起こる仕組みを見てみましょう。●アレルギー性喘息もアレルゲンが...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る