カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. 症状・トラブル >
  5. 月経困難症 >
  6. 激しい生理痛の症状 月経困難症治療のための手術について

女性のカラダの悩み

激しい生理痛の症状 月経困難症治療のための手術について

 

月経困難症の治療、特に器質性月経困難症の治療は、痛みやつらさとどのように折り合いをつけるかが一つの焦点となります。器質性月経困難症とは月経困難症の中でも子宮の病気や卵巣の病気などと言ったように、はっきりとした原因があるもののことを言います。これらから引き起こされる痛みやつらさに対して、薬物療法やホルモン療法によって対処することがもちろんできますが、それだけではいかない問題が出てきます。

 

 

あくまでも対処

先に挙げた薬物療法やホルモン療法はあくまでも対処的な治療です。もちろん鎮静剤や排卵を抑えるピルを服用することによって生理痛の激しい痛みや不快感を軽減することができ、それによって生理につきものである憂鬱な気分屋イライラした気分を改善できるのは大きな効果です。しかし、はっきりとした原因がある場合、これらが根本的な解決になりにくいのも事実です。

 

手術

根本的な治療はやはり病気を治すことになります。そうすると選ぶ手段は手術ということになりますが、手術療法を選ぶということは、完治と生理痛のつらさ、そして再発の危険性との折り合いをどこでつけるかということが大きな焦点になります。

 

保存手術

これから妊娠出産を希望する人に対しては、子どもを生むために必要な子宮や卵巣をそのままにして手術を行う保存療法がなされます。病巣部分の癒着をはがしたり、チョコレート嚢胞を処置するなどがあります。ただ、検査では見つからないくらいの小さな病気や、隠れた部分の病気は処置することができず、再発の可能性が残ります。

 

準根治手術

症状が重い場合で、妊娠出産を希望しない人に対して、子宮を全摘出し、片方の卵巣を残すなどを行う手術です。子宮がなくなりますから生理がなくなり、毎月の痛みから解放されますし、卵巣を残すことによって女性ホルモンが分泌されるので更年期障害の症状が出ません。しかし女性ホルモンが分泌されている以上、再発の危険は残ります。

 

根治手術

症状が重い場合で、妊娠出産を希望しない人に対して、子宮と左右の卵巣、卵管の全摘出をする手術です。再発の可能性はなくなりますが、卵巣がなくなるため女性ホルモンの分泌がなくなり、更年期障害の症状が出ることがあります。この治療をするときは、閉経の時期までの長さも考えて選択します。

 

 

手術の選択は症状の重さにもよりますし、発症している病気の種類にもよります。毎月の痛み、妊娠出産、病気の完治など考える要素がたくさんありますので、医師や家族をよく相談をした上で進めていきましょう。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/07/30-366300.php?category=48])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

月経困難症に関する記事

経血がうまく通らない…腹痛・吐き気、もしかして“月経困難症”

■症状と原因   月経中は多くの人がお腹や腰などに重いような、にぶい痛みを感...

生理痛?それとも月経困難症?その違いと判断基準、月経困難症2種類について

生理痛と月経困難症との違いは何でしょうか。判断基準と月経困難症についてご紹介...


月経困難症の吐き気は、薬では治らない!?有効な対処法は?

生理中に不快な症状が出るのは、多くの女性が経験することだと思います。   ...

辛い大量経血と腹痛 月経困難症~痛みの原因と病気~

  ■冷えやストレスから痛みが強まることも   つらい痛みは、からだが冷えて...

カラダノートひろば

月経困難症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る