カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 感染症 >
  4. サイトメガロウイルス >
  5. 妊娠中にサイトメガロウイルスに感染したとき、胎児への影響は?

気になる病気・症状

妊娠中にサイトメガロウイルスに感染したとき、胎児への影響は?

 

世界のさまざまな場所でみられるウイルス感染症のひとつがサイトメガロウイルス感染症です。

もしも妊娠中に初めてサイトメガロウイルスに感染してしまったら胎児にはどのような影響が出るのでしょうか?

 

●妊娠中に初めての感染=抗体がない

サイトメガロウイルス以外のウイルスにも言えることですが、初めての感染の場合は抗体がありません。

ウイルスが以前にも体の中に入ったことがある場合には、ウイルスへの対処計画が体の中で作られています。

一方で、初めてウイルスに感染するときには体の中で何の対処計画も出来ていない状態ですので、あれやこれやと体が手を尽くして抗体を作っていきます。

このことから初めての感染は二度目以降の感染よりも症状が重いといえます。

 

●胎児への影響

妊娠中に初めてサイトメガロウイルスに感染した場合は胎児に重い後遺症が現れる可能性があります。

そのひとつが神経の異常です。小頭症、水頭症などで頭が異常に小さかったり大きかったりします。

神経の異常に加えて知的障がいや難聴、弱視などの可能性もあるので胎児にとって母親が妊娠中に初めてサイトメガロウイルスに感染することは脅威と言えます。

 

●影響が出る胎児は1割

知的障がい、水頭症、黄疸、出血など重い影響が出る胎児は母親が妊娠中に初めてサイトメガロウイルスにかかった場合でも1割と言われています。

残りの9割には特に影響もなく、育っていく中で免疫力が低下した場合のみ発熱などの症状が現れます。

 

妊娠中に初めてサイトメガロウイルスに感染すると胎児に知的障がいや難聴などの影響を残すこともあります。

ですがそれは全体の1割程度で、残りの9割では異常がほとんど出ません。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2013/02/06/19/11/family-78709_640.jpg?i])

 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

サイトメガロウイルスに関する記事

妊娠希望の人は受けてみよう!サイトメガロウイルス検査

  サイトメガロウイルスに感染すると倦怠感やだるさなどの症状が現れます。ですが...

妊娠初期はサイトメガロウイルスに気をつけて!

     サイトメガロウイルスは、基本的には無症状なので日本人の70%以上は...


サイトメガロウイルスにワクチンはあるの?

  サイトメガロウイルスは日本人の6割には感染経歴があるとも言われているウイル...

貴方もサイトメガロウイルス感染者?

    サイトメガロウイルスはヘルペスウイルスの一種で、日本人の7~8割の人...

カラダノートひろば

サイトメガロウイルスの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る