カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. ムレ・かゆみ >
  5. 陰部のかゆみ対策 清潔にするために

女性のカラダの悩み

陰部のかゆみ対策 清潔にするために

 

生理中の陰部は様々なストレスに耐えています。ナプキンによる陰部の湿気や、ナプキンと陰部との摩擦、経血による汚れ、汗や分泌物による汚れなど様々です。そのため、これらの原因を取り除けば、ここから発生する様々なトラブルを予防することにつながります。これらの原因を取り除くということはつまり陰部を清潔に保つということです。

 

 

除去

生理中で経血の多いときやおりものの多いときには、これらを取り除き、清潔な状態をできるだけ維持することが大切です。可能な限り、こまめに陰部の経血や分泌物をふきとりましょう。また、できればシャワーなどで軽く洗い流して清潔にするとよいです。このとき注意するべきなのはやりすぎてしまうことです。清潔にしなければと思うあまり、膣の中まで洗浄してしまおうとしてしまうことがあります。しかし、膣の中は元来女性の体に備わっている自浄作用という力があります。これは膣の中を安定させるために必要な力で、外から洗浄をしてしまうと逆にこの力が弱まってしまいます。

ただし、陰部の皮膚が傷んでいる場合は繰り返し洗ってしまうと逆に炎症の原因になります。洗うということも刺激の一つですので、こうした場合はやわらかいガーゼなどでそっと拭くようにしましょう。

 

交換

ナプキンに経血がたまっていればたまっているほど陰部にとってはストレスですし、ほんの少しの量の経血やおりものであっても陰部にとってはよくありません。そのため長くても45時間たったら、例えナプキンが汚れていなくても新しいものに交換します。それは下着の場合にも同じことです。

 

洗濯

洗濯はすすぎが重要です。洗濯後に残った洗剤の刺激で皮膚がかぶれることがあるからです。また、生乾きもよくありません。比較的湿度の高い日本では、湿った洗濯物をそのまましまったりするとカビが発生する危険性があります。それを防ぐためには日光に当てるのが一番いいのですが、それができないときは乾燥機にかけたり、アイロンをあてるなどしてください。

 

 

かゆみは婦人病の症状である場合もあります。かゆみがひどかったり、かゆみと共におりものの異常など他の症状が見られた場合は病院で診察を受けるようにして下さい。

  

(Photo by: [//www.ashinari.com/2007/09/29-003188.php])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ムレ・かゆみに関する記事

気になる!ナプキンの通気性

  生理前はホルモン変化の影響を受けてイライラしたり、怒りっぽくなったりします...

生理のたびのかゆみ、ナプキンの使い方に問題があるのかも?

  生理のたびにデリケートラインがかぶれてしまって、かゆくて辛い。もしかし...


生理中の痒みへのケア

デリケートゾーンの悩みはなかなか人に打ち明けられないものです。痒い時はどの...

生理中にかゆみの原因となるムレ、どう対策する?

生理のときの不快な悩みといえば「ムレ」。我慢してそのままにしておくと、かゆみ...

カラダノートひろば

ムレ・かゆみの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る