カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 感染症 >
  4. 西ナイル熱 >
  5. 西ナイル熱での入院は隔離の必要なし!

気になる病気・症状

西ナイル熱での入院は隔離の必要なし!

 

西ナイル熱は海外で罹患する病気で、発熱やだるさ、筋肉痛などインフルエンザのような症状が特徴的な病気でもあります。

もしも西ナイル熱で入院するとしても、実は隔離の必要はないのです。

 

●西ナイル熱で隔離されないわけ

日本の各市町村にある感染症情報センターでは西ナイル熱での入院の際の隔離を必要としていません。

というのも西ナイル熱は人から人への飛沫感染などの心配もないので、隔離しなくても大丈夫ということなのです。

また、全身がとても弱っている場合を除いては面会制限もないのでインフルエンザで入院しているような感じと似ているかもしれません。入院期間が長期に及ぶケースは少ないです。

 

●海外で入院する可能性も!

西ナイル熱で発熱が続き、下痢や筋肉痛もある場合は本来の帰国予定日を過ぎて海外で入院生活を送る可能性もあります。

こんなときのためにも海外旅行保険は入っておいた方が良いでしょう。

海外でも西ナイル熱への治療は基本的に同じで、隔離はなしで発熱や下痢に対症療法を行って回復するのを待ちます。

アメリカなどであれば日本語の通じる病院もありますが、中近東・アフリカ・西アジアなどで治療を受ける場合は旅行会社のサービスで通訳を頼むなど症状を的確に伝える努力が必要です。

 

西ナイル熱は根治療法はありませんが死亡の可能性は低い病気で、対症療法で自然回復を待つのが一般的な治療法です。

日本でも海外でも西ナイル熱は人から人への感染がないことがわかっているので入院しても隔離されることはありません。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2008/11/16-010315.php])

 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

西ナイル熱に関する記事

要注意!蚊がもたらす病気を予防しよう0ウエストナイル熱とは0

    ウエストナイル熱は、ウエストナイルウイルスに感染した蚊に刺される...

アフリカを中心に分布する感染症 西ナイル熱の症状・治療法

  西ナイル熱は日本ではまったく分布歴のない感染症です。アフリカ、中近東、西ア...


西ナイル熱の予防のポイント 蚊への対策/流行地域情報の収集

  西ナイル熱は日本国内で罹患する例はほとんどない病気で、渡航者のかかる感染症...

アフリカ以外でかかることも!ウエストナイル熱!

     ウエストナイル熱は、ウエストナイルウイルスによる蚊を媒介にした感染症で...

カラダノートひろば

西ナイル熱の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る