カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 冷え性 >
  4. 対処法 >
  5. エクササイズ >
  6. 女性に多いつらい冷え性に効く!基礎代謝アップのためのコツとは

女性のカラダの悩み

女性に多いつらい冷え性に効く!基礎代謝アップのためのコツとは

 

冷えの悩みを持たない人は、多くが新陳代謝が活発で免疫力も高く、基礎体温がかたいのが特徴です。つまり基礎代謝を上げることができれば、特別に体を温めるなどをしなくても、普通に生活をしている中で体を動かすだけで体は熱を発してくれます。

 

 

赤筋

筋肉には赤と白があります。心臓は筋肉でできていますよね。心臓は何色でしょうか。赤色の筋肉でできている心臓は毛細血管が多く、酸素が豊富に運ばれ、エネルギー消費の高い筋肉です。心臓のように常に動いている赤筋はいわば持久力の筋肉で、逆に白筋は瞬間的に力を発揮する筋肉です。長距離選手のような赤筋を積極的に刺激することがしなやかでほっそりとした体を作るのに適しています。

 

オール漕ぎエクササイズ

まず、床に体育座りをします。

お腹をひざに寄せ付けるようにしてください。このとき足とひざをぴったりとくっつけます。

息を吸いながら両手を前方にまっすぐ伸ばし、手のひらを合わせます。

次に、息を吐きながら、合わせた手を左右それぞれに大きく回しながら、後ろに大きく回します。

このとき肩甲骨が大きく動くのを感じてください。

また、背中が丸まらないようにお腹に力を入れたままキープしましょう。

最後に、息を吐きながら、後ろで両手を合わせるようにしてさらに動かします。

イメージとしては肩甲骨を最後にギュッと寄せるようにします。

 

つま先スクワット

まず、足を肩幅に開いて姿勢よく立ちます。

このときおへその下に力を入れてふらつかないようにしましょう。

次に、息を吸いながらつま先立ちをします。

このときかかとを床からできるだけ離すようにし、内ももに力を入れるようにします。

同時に両腕を体の前に伸ばし、肩の高さにキープします。

最後に息を吐きながらつま先立ちの状態を保ち、ゆっくり腰を下ろします。

このときも腕は前に伸ばしたままです。

 

 

赤筋を鍛えることで、冷えに根本的に打ち勝つことができます。しかし、筋肉はコンスタントに刺激を与えないと衰えていくものですので、続けられる範囲で行うとよいでしょう。

  

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/12/01-354129.php])

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

エクササイズに関する記事

血行不良を改善!『第二の心臓!』足のストレッチで健康生活!

今回は日頃から椅子に座ってのお仕事をされていて血行不良に陥っている可能性のある方...

内臓型冷え性の予防に効くお腹マッサージ!上下にさするマッサージ&のの字マッサージ

内臓型冷え性の予防のために是非行いたいのが、お腹のマッサージです。お腹が冷えや...


下半身の夏冷えを解消するストレッチ

  夏の冷え性は冬の冷え性と変わらないくらいつらい、という方もいるかと思います...

冷えるだけじゃない!血行不良だと色々な不調が蔓延><

冷え性の原因の多くは血行不良。 冷え性だけでも悩みの種なのに、血行不良はさら...

カラダノートひろば

エクササイズの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る