カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

女性のカラダの悩み

急性と慢性の便秘

 

排便は1日1回、スムーズにあることが正常です。ただ、毎日はないけれども、排便はすんなりあり、排便後はすっきりとした感覚であるという場合も正常な排便とされます。しかし便秘となると、へたをしたら1週間排便がなかったり、排便時に便がかたくてなかなか出なかったり、出ても残便感が残ったりとスムーズな排便が見られなくなります。

 

 

便秘を大きく2つにわける

便秘は大きく分けると急性便秘と慢性便秘にわけられます。これら2つの便秘について原因を見てみましょう。

 

急性便秘

急性と言われる便秘の中でもまた以下の2つに分けることができます。急性の便秘は便秘の原因となるものを除くことができれば治ります。

〇一過性単純性便秘

一過性の便秘ですので、食事や生活の変化をきっかけにして起きる便秘です。

〇症候性便秘

病気が原因で起こる便秘です。腸捻転や腸閉塞などが原因で起こります。

 

慢性便秘

排便から排便までの間隔が3日以上であることや、排便があっても便がかたいこと、少ししか出ないことなどの症状が慢性的に起こることが特徴です。こうした状態が長期間続くと大腸がんなどの病気になる可能性があります。これも以下の2つに分けることができます。

〇常習便秘

常習便秘には結腸性便秘、直腸性便秘、けいれん性便秘の3つに分かれます。

・結腸性便秘…結腸性便秘は弛緩性便秘とも言います。これは結腸がゆるんで、ぜんどう運動(内容物を下に送り出そうとする動き)が弱くなり、便を十分に押し出せなくなることが原因で起こります。

・直腸性便秘…直腸や結腸の反射が鈍くなり、便意を感じにくくなることで起こります。

・けいれん性便秘…ストレスなどの精神的な原因によって、腸のぜんどう運動が強く働きすぎることによって起こります。

 

〇症候性便秘

急性と同様、病気が原因で起こる便秘です。大腸がんや大腸ポリープなどが原因で起こります。

 

 

腸の働きは様々なことに左右されやすいものです。そのため、様々なことが原因になって便秘が起こります。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2010/03/03-034340.php])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

基礎知識に関する記事

直腸瘤の疑いがあるときの確認手段

    直腸瘤の主な症状と言えば、排泄困難、つまりは便秘ぐらいのものです。便...

原因は大腸のぜんどう運動が鈍ること!急性便秘の原因と予防法

急性便秘とは、大腸のぜんどう運動が鈍ることで起こります。急に便秘になるような一時...


間違えないで!つらい直腸性便秘の解消法!あなたの原因は鈍化?骨盤底筋?

  慢性化して苦しい便秘のひとつが、直腸性の便秘です。便秘と言うのは、大腸に便が...

慢性便秘には3つのタイプがある!あなたの便秘は何タイプ?

常に便秘が起きている慢性便秘には、3つのタイプがあります。それぞれのタイプの特...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る