カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

女性のカラダの悩み

膀胱炎の診察

 

膀胱炎は女性がかかりやすい病気ということを知っているでしょうか。膀胱炎は膀胱内にいる細菌が増殖することで発症するものなのですが、放っておくとどんどん症状が進行していき、どんどん重い症状が見られるようになっていきます。早めに病院に行けば適切に処置してもらえますが、そのままにしておくと痛みなどの症状が出てくることになります。

 

 

受診するのは何科?

膀胱炎と疑われる症状の場合、婦人科や泌尿器科を受診するのがよいでしょう。

 

診察

婦人科系の疾患と違って、下着を脱いで内診をするということはありません。それがないだけでも気持ちの上では、少しラクになりますよね。基本的には問診、触診、尿検査によって診察を行います。

問診…問診では細かい症状などを伝えます。症状が出始めた時期や細かい症状などを伝えられるようにしておきましょう。

 

触診…触診では膀胱部分を圧迫し、痛みや尿意の有無を調べます。腎臓の確認のため背中を触診することもあります。

 

尿検査…病院でコップなどに少し尿を採取します。このときおそらく指示があると思いますが、中間尿をコップに取ります。中間尿とは尿が出始めてしばらくしてからの尿です。なぜならば、最初の出始めの尿は様々なものが混入していることがあります。そのため出始めの尿では膀胱炎でなくても膀胱炎と判断されてしまう場合があります。

さて、尿検査ではまずは尿の混濁や血尿の有無を診ます。そして試験紙を用いて糖やたんぱく質、潜血反応を診るのですが、このとき膀胱炎であればタンパク質と潜血反応がみられます。次に尿沈査を行います。採取した尿を遠心分離器にかけ、成分を分離させることで尿の成分を詳しく調べます。このとき上澄み部分は捨て、沈殿した部分のみを顕微鏡で確認します。膀胱炎の際には白血球や細菌などを確認することができ、こうした明らかな膀胱炎の所見がみられれば、これ以上の検査は行いません。また、尿細胞検査をすることもあります。膀胱炎の原因になっている細菌の種類を特定し、効果のある抗生物質を選定して、治療に生かします。

 

 

膀胱炎では、検査らしい検査は尿検査くらいです。痛みや苦しさを伴う検査を最初から行うことはありません。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2010/01/12-033066.php])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

診察内容に関する記事

まずは病院へ~更年期障害の診察と治療内容

  更年期障害の治療には、さまざまなアプローチがあります。婦人科で受けられ...

女性なら知っておきたい乳がん診察の流れ~早期発見のために

  乳がんは早期発見が重要と言われます。それは乳がんは進行していくほどに、生存...


頻発月経や続発性無月経…受診が必要な月経不順の症状は?

  月経周期は個人差があり、その時の忙しさやストレス、食生活といった生活環境で...

セックスの時の出血!どんな検査をうけたらいい?

  セックスのときの出血、どきっとしますね。量が多かったり、出血が続く場合...

カラダノートひろば

診察内容の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る