カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病院 >
  4. 診察内容 >
  5. 女性なら知っておきたい乳がん診察の流れ~早期発見のために

女性のカラダの悩み

女性なら知っておきたい乳がん診察の流れ~早期発見のために

 

乳がんは早期発見が重要と言われます。それは乳がんは進行していくほどに、生存確率が下がっていくということがあります。早期発見のためには日ごろから自分で乳房を触診して確認し、自己検診を行うことも大切ですが、病院で本格的に診察してもらうことも非常に大切です。

 

 

乳がんは40歳を過ぎてから発生率が高まると言われています。しかし、2030代で乳がんを発症する人もいますので、家族の病歴などで不安を感じているならば診察してもらった方がよいでしょう。

 

問診…最初は問診からです。ここでは月経の周期初潮の年齢年齢が高い人は閉経の時期自身の病歴家族親族の中で婦人科系の病気になった人がいるか妊娠経験・出産経験があるか不妊治療を受けたことがあるかピルを使用しているかなどを聞かれます。逆に気になる症状などがある場合は、明確に伝えるようにしましょう。

 

視診・触診…上半身の衣服を脱ぎ、診察台に横になります。医師が乳房の形や、左右の対称性、陥没などを診て判断します。それから実際に乳房を軽くたたくように触りながら、しこりの有無を確かめます。わきの下のリンパ節も確認します。医師や自治体によって違いますが、仰向けに寝た状態と、座った姿勢の両方で行うことが多いようです。

 

マンモグラフィ検査…胸をアクリルの板ではさまれて行う検査です。乳がん検査いうとこのイメージが強いのではないでしょうか。上半身の衣服を脱ぎ、乳房をアクリルの圧迫板で片方ずつ挟み、それぞれ縦方向・横方向に加え斜め方向が加わることがあります。ただし乳腺の密度が高い30歳以下の小さなしこりなどを発見するのには向いていません

 

エコー検査…上半身の衣服を脱ぎ、乳房に超音波を当て、反射してくるエコーが反射して診る検査です。台に横になり、乳房に潤滑用ゼリーをぬってから乳房の上を機械をすべらせるようにして検査します。マンモグラフィで発見可能な微細な石灰化を見つけることはできませんが、乳腺の量に左右されないので、若年層にも効果的な検査です。

 

 

以上が乳がん診察の流れです。特にマンモグラフィは装置の精度や技師の撮影の仕方、医師の画像を見る目で結果が左右されやすい検査ですので、合わせてエコー検査を受けた方が安心です。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2010/11/17-342312.php])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

診察内容に関する記事

女性のカラダの悩みならお任せ!女性外来に行く前に準備しなければならないこと

最近では女性のカラダの悩みを専門的に扱う「女性外来」また、「女性専用外来」を...

婦人科ではどのような診察をするの?

生理などでつらい症状がある場合は、迷わず婦人科や女性外来に行きましょう。月経中で...


婦人科にかかろうかな、でも…と躊躇するのはどんなとき?

生理や体調のことで気になっても婦人科に行きにくくて、気が付けば何年も経ってしま...

膀胱炎の診察

  膀胱炎は女性がかかりやすい病気ということを知っているでしょうか。膀胱炎は膀...

カラダノートひろば

診察内容の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る