カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

女性のカラダの悩み

子宮内膜症の診察

 

子宮内膜症は多くの女性がかかる可能性のある病気です。症状としては生理痛がひどくなるなどで、それによって婦人科系の診察を受けることが多いようです。

 

 

子宮内膜症を確定診断するためには、腹腔鏡で子宮内膜症の病変を直接確認する必要があります。しかしこの腹腔鏡は全身麻酔を必要とするものですので、まずは問診などによって、様々な病気の可能性を消していきます。

 

問診…まずは問診によって医師に自覚できている症状を伝えます。問診では自身の病歴家族の婦人科系の病歴初潮月経周期最終月経経血の量月経痛の程度月経の期間妊娠の有無症状のある部位症状が出始めた時期などを通常、あらかじめ問診票に書きこむケースが多くあります。それから必要に応じて医師の質問に答えます。

この問診により、その後、必要と判断される検査が変わることがありますので、症状などを的確に伝えられるようにしましょう。

 

内診…問診の次は内診を行います。ショーツをはずして、専用の診察台に乗って行いますが、初めてでは緊張してしまうかもしれません。しかし緊張しているとよけいに力が入って診察をしにくくなるので、緊張してしまう場合は息をゆっくり長く吐くことを意識して、お腹の緊張をとりましょう。内診では子宮や卵巣の位置大きさ癒着の有無癒着の程度などを診ます。

 

超音波検査…超音波検査では卵巣の状態をより詳しく診断します。チョコレート嚢胞が確認できればそのサイズをはかります。

 

MRI検査・CT検査・血液検査…ここから先は必要に応じて行います。街中のクリニックなどで診察を受けた場合はMRICTのような大掛かりな機械はありませんので、紹介してもらうことになります。また大きい病院で診察を受けていても、こうした機械での検査は予約が必要ですので、日を改めて行います。

 

 

上記の検査などでたいだいの診断を行い、確定診断を行うには最終的に腹腔鏡検査を行います。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2008/09/30-008906.php])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

診察内容に関する記事

婦人科ではどのような診察をするの?

生理などでつらい症状がある場合は、迷わず婦人科や女性外来に行きましょう。月経中で...

膀胱炎の診察

  膀胱炎は女性がかかりやすい病気ということを知っているでしょうか。膀胱炎は膀...


まずは病院へ~更年期障害の診察と治療内容

  更年期障害の治療には、さまざまなアプローチがあります。婦人科で受けられ...

婦人科検診のススメ。

  近年、ライフスタイルの変化に伴い乳がんや子宮がんなど、女性特有の病気にかか...

カラダノートひろば

診察内容の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る