カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 痛風 >
  4. 生活習慣 >
  5. 痛風の治療 飲酒制限・運動療法・水分が大切!

生活習慣病

痛風の治療 飲酒制限・運動療法・水分が大切!

     

痛風の方は、食事療法によりプリン体摂取量を制限するほか、飲酒制限や・運動療法・ショ糖・果糖の制限・十分な飲水を勧められます。

 

◆飲酒制限◆
痛風は高尿酸血症で起こりますが、この血清尿酸値は飲酒量と正相関することが知られています。
エタノールは肝臓でのプリン体の分解亢進作用や、血中尿酸値の上昇による腎臓からの尿酸排泄低下作用により、血中の尿酸値を上昇させます。アルコール飲料中に含まれているプリン体血清尿酸値が上昇する理由です。
特に醸造酒であるビールは、比較的多量のプリン体(3.3~16.7㎎/100ml)を含有しているため注意が必要です。

 

◆運動の推奨◆
適切な運動は体脂肪量を減らし、高尿酸血症を含めメタボリックシンドロームの各種病態を改善する効果があります。

まずはいきなり激しい運動を取り入れるのではなく、個人の状況に適した範囲で、ウォーキングや有酸素運動を取り入れることをお勧めします。

 

◆ショ糖・果糖の制限◆
ショ糖・果糖の過剰摂取は高尿酸血症・痛風、メタボリックシンドローム、尿路結石との関連性が認められており、これらを多く含む甘味料や飲料の過剰摂取は避けるように言われています。

コーヒーはカフェインの有無に関わらず、高尿酸血症・痛風発作のリスクを低減するとの報告があります。

 

◆十分な飲水◆
高尿酸血症・痛風患者に効率に合併する尿路結石を予防するには、尿中で結晶ができるのを防ぐことにあります。

そのためには尿量を2ℓ/1日以上確保するようにします。さらに動物性蛋白の過剰摂取を控え、酸性尿を防止するように心がけます。

 

高尿酸血症は痛風のみならず様々な合併症を引き起こす可能性があります。

 

そのためにも、日ごろから食生活や生活習慣に気を配っていくようにしましょう。

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/11/18-373167.php )

 

著者: kyouさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

生活習慣に関する記事

高い尿酸値は心筋梗塞・脳卒中の可能性を呼び込む!危機回避には「全体」への対策を

  生活習慣病はいくつかありますが、それらは合併することが多くあります。それぞ...

夜更かしが痛風を引き起こす!?食欲に関係するホルモンは睡眠に深く関係していた!

  痛風は生活習慣病のひとつです。そのため、生活習慣を正すことが求められます。...


自宅でもできる!痛風患者のためのおすすめ運動療法・注意点

痛風に激しい運動は禁物ですが、適度な運動は治療を行う上で有効な手段です。 ...

「喫煙者は痛風になりにくい説」は本当!?…でもやっぱり否定できない痛風と喫煙の負の関係

  多くの生活習慣病に関係するものの一つが、喫煙です。生活習慣病を発症した場合...

カラダノートひろば

生活習慣の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る