カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 皮膚 >
  4. ボーエン病 >
  5. ボーエン病での手術の特徴と術後処置

気になる病気・症状

ボーエン病での手術の特徴と術後処置

 

ボーエン病とは皮膚がんに移行する可能性の高い皮膚病です。ボーエン病は表皮内がんと同じと言われることもあり、皮膚の浅い部分にがんがある状態を指しています。

そんなボーエン病の治療法と手術についてみていきます。

 

●ボーエン病の治療と手術

ボーエン病だけではなく皮膚がんなどについても同じことが言えますが、基本となるのは問題となっている部位(病変)を取り除くことです。

がんの手術で、腫瘍そのものを取り除いたという話を聞いたことがある方もいるはずです。ボーエン病の場合も同じで、ボーエン病の色素斑そのものを取り除けば完治できるのです。

 

●ボーエン病での手術を詳しく見てみよう

ボーエン病で病変を取り除けるのは初期です。5㎝以下の病変の場合は傷を縫い合わせる形で手術跡を処置します。

それよりも大きな病変を手術する場合には傷を縫い合わせることはできないので皮を作ります。例えば健康な皮膚の一部を取って、傷口がある部分に取り付けるといった感じです。

ボーエン病の進行度が高い場合には放射線療法や抗がん剤治療など本格的ながんの治療も併用して行われることがあります。

これはボーエン病が表皮内がんよりも進行している状態で、ボーエン病ではなくボーエン癌と呼ぶこともあります。

進行度が低ければ低いほど手術後の処置も簡易なものでOK、回復期間も早いのはボーエン病以外の病気にもみられる特徴です。

 

ボーエン病では病変を取り除く手術による治療が一般的です。ただ、ボーエン病が進行して癌化しているときには抗がん剤治療なども行わなければなりません。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2013/06/25/21/35/arm-141290_640.jpg?i])

 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ボーエン病に関する記事

ボーエン病にかかりやすい人の特徴と間違われやすい病気

  数多くの病気でかかりやすい年齢、好発年齢もしくはかかりやすい性別があります...

皮膚のがん、ボーエン病とは?

  皮膚のがん、ボーエン病とは?     ボーエン病とは? 皮膚内...


皮膚癌の一歩前? ~ボーエン病

  皮膚癌の種類は様々ですが、日光が原因のものが多くあります。 また、そ...

カラダノートひろば

ボーエン病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る