カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 皮膚 >
  4. ボーエン病 >
  5. 人種で違うボーエン病の症状

気になる病気・症状

人種で違うボーエン病の症状

 

ボーエン病は皮膚がんの少し前の状態で、放っておくと高い確率で皮膚がんになってしまいます。ボーエン病の病変を見つけたら出来るだけ早いうちに病院で手術などの治療を受けることが必要です。

そんなボーエン病ですが人種によって少しずつ症状が違うことがあるのです。

 

●人種に関わらず共通するボーエン病の症状

まずは人種に関わらず共通するボーエン病の症状を見ていきます。典型的な症状と言われるのが境界のわかりやすい斑があることです。

しみなどは境界がわかりにくく、ぼんやりとしていますがボーエン病の場合はそうではありません。境界鮮明でほくろのように色のある部分とない部分がはっきりしています。

また、老人のほうがボーエン病にかかりやすいというのも人種に関わらず見られる特徴です。

 

●人種によって違うボーエン病の症状

人種によって違うボーエン病の症状ですが、ボーエン病の病変の色が異なっています。白人はボーエン病の病変が赤っぽいですが有色人種の場合は赤茶色なのが大きな違いです。

なお、日本人にボーエン病が出る場合には日光に当たらない部分に病変が発生するケースがほとんどです。

一般的にボーエン病について語られるときには日光に当たる部位への病変発生が多いのですが、これは人種ではなく日本人特有のものといえるでしょう。

いずれにしても境界がわかりやすく赤っぽいもしくは赤茶っぽい斑が出来ているときにはボーエン病の可能性もあります。

 

ボーエン病は境界鮮明の斑が出来る病気ですが白人の場合は斑の色が赤っぽく、有色人種の場合は赤茶っぽいのが違いです。

湿疹などとも間違われやすいボーエン病ですが、早いうちに見つければ手術も簡易なものとなります。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2012/10/05/03/25/schnakenstiche-59775_640.jpg?i])

 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ボーエン病に関する記事

皮膚癌の一歩前? ~ボーエン病

  皮膚癌の種類は様々ですが、日光が原因のものが多くあります。 また、そ...

ボーエン病での手術の特徴と術後処置

  ボーエン病とは皮膚がんに移行する可能性の高い皮膚病です。ボーエン病は表皮内...


皮膚のがん、ボーエン病とは?

  皮膚のがん、ボーエン病とは?     ボーエン病とは? 皮膚内...

ボーエン病にかかりやすい人の特徴と間違われやすい病気

  数多くの病気でかかりやすい年齢、好発年齢もしくはかかりやすい性別があります...

カラダノートひろば

ボーエン病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る