カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 皮膚 >
  4. 日光角化症 >
  5. 農業・漁業従事者でも大丈夫!日光角化症の予防法

気になる病気・症状

農業・漁業従事者でも大丈夫!日光角化症の予防法

 

日光角化症には好発しやすい年齢もありますが好発しやすい環境もあります。それが紫外線に当たっているかどうかということです。

日光角化症の病変が出来る場所も紫外線が当たりやすい顔面や腕などが中心で、紫外線と日光角化症は密接な関係にあるといえるでしょう。

 

●日光角化症に最も注意したいのは農業・漁業従事者

日常的に紫外線によく当たる職業といえば農業や漁業が挙げられます。畑や海では紫外線がさんさんと降り注ぎ、汗などをかくと日焼け止めも意味をなさなくなってしまいます。

また、農業や漁業は60歳を超えても従事する方が多く、日光角化症の好発年齢とぶつかってしまう点でも注意が必要なのです。

 

●日焼け止めを選ぶときにはPAとSPFを見る

日光角化症が紫外線と密接ということは紫外線を防げばそれだけ日光角化症の予防にもなるということです。

紫外線対策のひとつめが日焼け止めですが、PAとSPFという2つの数字のどちらも重要です。

SPFはUVB波への対策、PAはUVA波への対策で、PA+++・SPF45以上が農業従事者の一般的な日焼け止めと言われています。

 

●服装にも気を配る

紫外線対策の2つ目が服装に気を配ることです。日焼けを防ぐという意味では長袖の方がおすすめで、腕の日焼けには黒の腕抜きがよいとされています。

また、帽子とタオルといった装備は紫外線防止の他に熱中症予防や汗への対策にもなります。

 

日光角化症を農業従事者や漁業従事者が防ぐためにはPA値とSPF値の両方が高い日焼け止めを選ぶこと、服装に気を配ることが大切です。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/09/12-369777.php])

 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

日光角化症に関する記事

高齢者に多い日光角化症。放っておくと皮膚癌になってしまうかも!?

  農業をしている高齢者に多い日光角化症      日光角化症は、長...

日光角化症とシミはどんな風に違うの?

  日光角化症に似ているものといえばシミとほくろが大半です。日光角化症は年齢を...


日光角化症ってなぁに?

  日光角化症、ってご存知でしょうか?   名前の通り、日光(紫外線)...

知っておきたい2つの日光角化症治療法

  日光角化症は皮膚がんの前駆病変のひとつとされています。皮膚がんではないけれ...

カラダノートひろば

日光角化症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る