カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. アトピー性皮膚炎 >
  4. 暮らしの工夫 >
  5. ハウスダストを緩和するための5つの掃除ポイント

アレルギー

ハウスダストを緩和するための5つの掃除ポイント

nuig.jpg

ハウスダストによって引き起こされる疾患には、アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎などがあります。
それらを避けるためには、ハウスダストをできるだけ除去するのが一番よいと言われています。
具体的なハウスダスト除去のポイントを見ていきます。

●布団は念入りに掃除する


ハウスダストの中心核であるダニが最も好むのが布団と言われています。
ダニの繁殖のためには湿度が必要ですが、人間の寝汗を吸っている布団には適度な湿度があります。
人間の垢なども付着しているため、エサが豊富というのもダニが布団を好む理由です。
最低でも週1回は、布団の洗濯をするのがよいでしょう。

●ぬいぐるみなどは置かない


毛足の長いものには汚れがつきやすく、その中にはハウスダストも当然存在しています。
ぬいぐるみは汚れやすく、ハウスダストの温床となってしまうので、あまりたくさん置かないようにしましょう。
ぬいぐるみが好きという方は、お気に入りのぬいぐるみだけを厳選して置くというのもよいでしょう。

●カーペットは掃除機で丁寧に!


掃除機は毎日かけるという方が多いと思いますが、カーペットを敷いているという家庭では、より丁寧に掃除機をかけた方がハウスダスト対策に効果があります。
理想は1平方メートル当たり20-30秒と言われています。
カーペットはぬいぐるみと同じで毛足が長いことから汚れが付きやすいです。
汚れを少しでも少なくするために、少し長めに掃除機をかけましょう。


●フローリングは舞い上げに注意

フローリングを掃除するときは、ハウスダストを舞い上げてしまわないように行いましょう。
まずは拭き掃除から始めるという方も多いです。


●掃除をするときには自分を保護しよう!

掃除をするとき、いくら舞い上げを防いでもやはり少なからずダニなどが飛んでくる可能性はあります。
マスクをして掃除に臨みましょう。



(Photo by //www.ashinari.com/2011/10/14-351501.php)


著者: yurikoさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

暮らしの工夫に関する記事

お風呂でできる!アトピーケア

  アトピーの痒み、痛みを軽減させるためにお風呂で出来るケアをご紹介します!...

アトピー改善後も予防を継続することが大切!~アトピー性皮膚炎の食生活~

  ■アトピーはたしかに治る病気です。 それは確かなのですが、だからとい...


食事は取り過ぎず減らしすぎない!!~アトピー性皮膚炎の食生活~

  ■アトピーのように栄養過剰ともなれば、その対策として食事制限が有効です...

栄養の元となる食品の質にも注目!~アトピー性皮膚炎の食生活~

  ■アトピーは何も過食や偏食による栄養過剰によって引き起される物ばかりとは限...

カラダノートひろば

暮らしの工夫の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る