カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 喘息・気管支炎 >
  4. 予防食 >
  5. アレルギー予防には食品添加物を控える

アレルギー

アレルギー予防には食品添加物を控える

 

喘息の発作を抑えるには、アレルゲンとなるものを避けることが第一です。それに加えてタンパク質、脂質、糖質の三大栄養素に加え、ビタミン、ミネラルなどをバランスよく摂取し、免疫力を落とさないようにすることが大切です。

 

 

食品添加物を避ける

日本では比較的多くの食品添加物が使用されています。それは食品を害虫から守る為であったり、食品を新鮮に見せることが目的なのですが、こうした食品添加物には毒性があるとされています。この毒性の影響の一つに喘息をはじめとするアレルギー疾患や、免疫機能への悪影響があります。食品添加物を微量ずつ、長い期間をかけて摂取していくことで体の中にたまっていき、慢性的なアレルギー疾患になったり、元々のアレルギー疾患が悪化したりすることが考えられます。

 

具体的な食品添加物

・合成着色料

食材を美しく見せるための添加物で、タール色素と記述されていることもあります。こうした着色料は北欧では禁止されているもので、喘息発作などの原因になると言われています。ゼリーやシロップ、清涼飲料水、漬物などの製品に多く含まれています。

 

・合成保存料

食品を長く持たせるための、防腐剤です。上の着色料の中の一種と一緒に摂取すると喘息症状を悪化させる可能性があります。合成保存料はハムやソーセージ、ワイン、おにぎり、チーズなどに多く含まれています。

 

・発色剤

発色剤は食品の色をきれいに見せるために使われるのが発色剤です。代表的なものは亜硝酸ナトリウムですが、これがアレルギーの原因となったり、血中酸素の運搬機能を低下させることがあります。これは魚介類に多く含まれるアミンと一緒に摂取すると発がん物質が生成され危険です。この発色剤もハムやソーセージ、おにぎりやワインに多く含まれます。

 

 

これらの食品添加物を全て避けることは難しいですが、これらを多く含む食品を避けることはできます。上記のような食品を食べる際には、成分表示を気にするようにしましょう。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/03/02-014775.php])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

予防食に関する記事

喘息・気管支炎の方の食事の3つの注意点

  喘息、気管支炎で発作が起きるととてもつらいので、できるだけ発作を起こさない...

喘息予防の食べ物・誘発する食べ物

  喘息は普段食べるものによって発作の発現が左右されるものです。そのため喘息発...


アレルギーを予防するために!食生活で気をつけたいこと

  喘息発作の予防食は、アレルギー発症の原因となる食品を特定し、それを排除する...

喘息を予防するレシピの特徴

  喘息は食事でも予防可能です。喘息の予防食の特徴を見てみます。   ●炎...

カラダノートひろば

予防食の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る