カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 成長の目安 >
  4. 4~7ヶ月 >
  5. 身長・体重 >
  6. ホルモンの分泌不全で起こる成長障害~SGA性低身長症って何?

育児・子供の病気

ホルモンの分泌不全で起こる成長障害~SGA性低身長症って何?

SGA性低身長症という病名を聞いたことがありますか?
おそらくほとんどの人が知らない病気だと思われます。
この病気は、ホルモンの分泌不全によって起こる成長障害の一つです。

 

SGA性低身長症と診断されるまで…

 

胎児の時は、在胎週数に合った標準身長や体重があります。
エコーで大腿骨の長さや頭の多きさなどで、おおよその体重を割り出し、標準と比べます。

 

その時、身長が極端に小さいからといってSGAと診断されるかというと、まだこの時点ではSGA性低身長症と断定されないことの方が多いです。


それは、そのうちの9割は、3歳頃までには標準の身長や体重に追いつくからです。
もし、追いつかない場合は、SGA性低身長症が疑われます。

SGA性低身長症ではないかと疑われた場合、実際にSGA性低身長症か?を調べなくてはなりません。
身長が標準よりどのくらい離れているかや、1年間の成長具合を知らなくてはなりません。
そのため、重要な手掛かりとなる成長曲線をこまめにつける必要があります。
そして、同時に成長ホルモンの分泌不全が起こっているか、確かめる検査をします。

 

SGA性低身長症と診断されたら?


ホルモン療法は3歳ごろから行うことができます。
しかし、保険適用となる基準が定められているため、全ての成長障害の患者さんが保険適用になる訳ではありません。
SGA性低身長症は内分泌専門医のいる病院で、かつ身長に関わる治療を専門に行っている病院で治療しなければなりません。
保険適用の基準は、各自治体によって基準が設けられているので問い合わせてみましょう。

 

SGA性低身長症の治療方法


・内分泌専門医のいる病院で、ホルモン分泌に関する治療を行う
・成長ホルモン分泌効果のある錠剤を投与する

 

このような治療法が一般的ですが、市販のホルモン分泌を促すサプリメントなどは、信頼のおけるメーカーからの購入をお勧めします。
一番良い方法は、その錠剤について医師に相談してみることです。


身長は遺伝で低身長となると思われがちですが、低身長が遺伝的要素を含んでいることはとても少ないと言われています。
低身長の疑いがあれば早めの対処が必要です。
低身長で悩んでいるお子様がいる場合は、遺伝的要素を考える前に成長ホルモンの分泌を疑ってみましょう。

 

 

 

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2010/04/25-036108.php)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

身長・体重に関する記事

乳幼児期の授乳は重要!子供が低身長で悩まないためにできること

低身長とは、成長が標準よりも遅れている状態をいいます。成長ホルモンの分泌不全...

乳児の身長・体重ってどれくらい?赤ちゃんが大きすぎる時は…巨人症?

子育て中は、赤ちゃんの成長に一喜一憂しますね。 新生児・それ以降の赤ちゃん...

身長・体重の体験談

母乳の与えすぎ?!完全母乳なのに大きい赤ちゃん

最初はちゃんと育ってくれるか・・・なんて心配していたのに、気がつけば成長曲線の上限を突っ走る息子。二...

赤ちゃんの体重増加不良!医師と助産師の授乳に関する意見の違い

出生体重2830g。4ヶ月健診時5350g。 ものの2、3分で、「成長曲線を下回っているからダメ」...

カラダノートひろば

身長・体重の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る