カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 成長の目安 >
  4. 2~3歳 >
  5. 動作・行動 >
  6. 「おしゃぶり」はいつまでいいの?タイミングと与える影響について

育児・子供の病気

「おしゃぶり」はいつまでいいの?タイミングと与える影響について

 

おしゃぶりの是非は賛否両論、使う期間にしても「おしゃぶりはクセになるからはじめからやめた方がいい」「おしゃぶりは外国では長期間使う」・・・などなど様々な情報が飛び交い、「一体いつまでするのが正しいの!?」という感じですよね。ここではおしゃぶりを使う期間についてまとめてみました。

 

目安は3歳頃まで

おしゃぶりで心配なのが歯並びが悪くならないかどうか。これについては常識の範囲内での使用頻度であれば2歳半〜3歳(乳歯が生え揃う前)までのおしゃぶりは問題ないとされています。

 

その他の要因

おしゃぶりの歯並びへの影響は、おしゃぶりを使う期間だけではなく一日に使う時間、おしゃぶりの固さ、吸う力などの要因が関係します。早い段階でも歯並びに異常を感じたら徐々におしゃぶりの使用を減らし、心配であれば歯科医の診断を受けましょう。

 

一日中ずっとだったり5〜6歳までおしゃぶりを使っているようだと永久歯に悪影響を及ぼす恐れがありますが、そうでなければ極端に急いでおしゃぶりをやめる必要はありません。

 

おしゃぶりを無理に引きはがして卒業させるのではなく、言葉によるコミュニケーションで自発的にやめるようにするのが理想的ですね。また、夜泣きがどうしてもひどい時や外出時にだけ使うなど、メリハリをつけるのも良いでしょう。

 

また製品によっては適用月齢が異なるので、よく確認して使うようにしましょう。

 

精神安定や鼻呼吸の定着など、良い効果もたくさんある「おしゃぶり」。イメージに振り回されるのではなく、上手に利用していきたいですね。

 

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2013/03/11/15/53/dummy-92579_640.jpg])

 

著者: いりかさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

動作・行動に関する記事

「遊び食べ」は禁止したほうがよい?

  離乳食を卒業した1~2歳のある一時期、 子どもには、遊び食べの時期が...

幼い頃の心の傷が致命傷になる!インナーチャイルドにならないための方法

皆さんはインナーチャルドという言葉を知っていますか?はじめて耳にする方もいるか...

動作・行動の体験談

満2歳!とりあえず娘が「イヤ」と言わない日は無い件

2歳は第一次反抗期と言いますが、娘は1歳10カ月ごろから、自己主張がものすごくなってきました。 嬉...

「はやねはやおき4回食」をもとに子育て

我が家は、婦人之友社から出ている「はやねはやおき4回食」をもとに、育ててきました。 起床6:3...

カラダノートひろば

動作・行動の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る