カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 喘息・気管支炎 >
  4. 病院 >
  5. 喘息かな?と思ったら~確定診断までに行われる検査について~

アレルギー

喘息かな?と思ったら~確定診断までに行われる検査について~

 

喘息と判断されるには様々な検査を行います。喘息発作の症状は軽度の症状であればただの風邪とも見まがうものですから、自分でただの風邪だろうだとか、年のせいだろうだとか思い込まずに病院で適切に診断を受けることが必要です。

 

 

症状からでは分からない

上記でも書いたように、症状を見ただけではその人が喘息なのかただの風邪なのか、はたまた精神的なものからくる症状なのかは分かりません。同じような症状を示す病気はいくつもありますし、同じような呼吸器系の疾患もあります。そのためまずは丁寧に喘息以外の可能性を排除し、喘息であると判断しなければなりません

 

問診・聴診

まず行われるのは問診や聴診です。問診では症状が見られるようになった時期、発作の頻度、発作があらわれる条件、アレルギー性疾患の有無、家族や親族の病歴などを質問されます。聴診では、聴診器を当てて胸の音を聞きます。喘息の場合は「ヒューヒュー」と風をきるような、笛を吹いたような音が聞こえます。

 

呼吸機能検査

呼吸器疾患に置いて呼吸機能の測定に用いられるのがスパイロメーターと言う機械です。患者さんは息を大きく吸い込み、チューブに向かって思い切り息を吐き出すことで測定します。

 

気道可逆性試験

気道可逆性試験もスパイロメーターによって行われ、ベータ2刺激薬や、ステロイドなどの気管支を拡張させる薬を吸入してから呼吸機能を測定するというものです。

 

アストグラフ

アストグラフとは気道過敏性試験のことで、気道の過敏性や、喘息の重症度を調べるために行われます。この検査では気道を収縮させる薬を吸入してわざと喘息発作を起こします。吸入する薬の濃度が低いほど、重症度が高いということが判断できます。

 

 

これらの検査を行った後、喘息を確定されます。またアレルゲンの特定に血液検査が行われることもあります。

 

  

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/07/19-348509.php])

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

病院に関する記事

喘息管理に欠かせないコントロールとは

  喘息の患者は世界に3億人以上いると言われています。とは言えども、実際にひど...

喘息の症状の度合いは全部で4段階!各段階に合わせた治療法について

  喘息はその症状の度合いによって4段階にわけられます。各段階は、喘息症状に対...

カラダノートひろば

病院の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る