カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 喘息・気管支炎 >
  4. 病院 >
  5. >
  6. 吸入ステロイド薬と併用する薬

アレルギー

吸入ステロイド薬と併用する薬

 

喘息の長期的な管理を目的とした薬の代表は吸入ステロイド薬です。吸入ステロイド薬はごく少量で非常に効果の高い抗炎症作用を発揮しますので、吸入ステロイド薬を使用することは基本となります。そうした上で患者さんの症状などによって他の薬を併用することもあります。

 

 

長時間作用性ベータ2刺激薬

長時間作用性ベータ2刺激薬には、気道の平滑筋の収縮を抑制する作用があります。吸入薬、貼り薬、経口薬の3種類がありますが、主に用いられるのは吸入薬と貼り薬です。貼り薬は吸入操作がうまくいかない患者さんであったり、経口薬の服用ができない患者さんに用いられるケースが多いようです。

この薬はステロイド薬の抗炎症効果をさらに強力にする効果があり、投与の仕方はステロイド薬か長時間作用性ベータ2刺激薬かという選択ではなく、ステロイド薬の使用を前提として、長時間作用性ベータ2刺激薬を併用するという形になります。この薬を併用する場合は、ステロイド薬の投与だけでは喘息症状が安定しない場合で、さらに強力な抗炎症作用と考えられたときに最初に候補に出る薬です。2つの薬を併用することで、ステロイド薬の吸入量を減らすことができ、これによって気道の状態が良好になります。

 

ロイコトリエン受容体拮抗薬(抗アレルギー薬)

喘息の長期管理薬としての抗アレルギー薬は様々な種類があります。気道が炎症を起こすまでには様々な化学物質の伝達が行われるのですが、その物質の伝達の働きを抑制するのが抗アレルギー薬です。その中でもロイコトリエン受容体拮抗薬は非アトピー型の患者さんにも有効に効果があり、吸入ステロイド薬との併用薬として実用的な薬です。

ロイコトリエン受容体拮抗薬には気管支を拡張する作用や、気道の炎症を抑える作用があります。咳や痰などの喘息症状や、呼吸機能の低下を改善することによって、喘息発作が起きたその時に必要になる薬の使用回数を減らすことにも貢献しますし、吸入ステロイド薬の服用量を減らすことにも役立ちます。

 

 

喘息における薬の選択肢は様々あります。患者さんの体質によっては吸入ステロイド薬だけよりも他の薬を併用した方がいい場合もありますので、薬を使用したときの症状など医師にしっかり伝えるようにしましょう。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/05/10-019793.php?category=265])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

薬に関する記事

薬物療法に不可欠なコントローラーとリリーバー

  病院で喘息の治療を行うとなると、薬物療法によるものが中心となります。ただし...

何だか怖そう・・?吸入ステロイドの気になるところ

  喘息の治療薬は大きく2つにわけられます。一つは気道の炎症を鎮めて喘息発作が...


気管支を広げて呼吸を改善してくれる薬

  喘息において、気道の炎症と共に抑えたいのが気管支をとりまく平滑筋の収縮です...

喘息の薬に副作用はあるの?

病気の治療のために薬を飲んでいるが副作用があるのではないか心配だという声もあり...

カラダノートひろば

薬の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る